DH枠は“ペーニャ・ファースト”でいいのに。

キャンプインした石垣島では、やはりその姿を見ることが出来なかったペーニャ。
林球団本部長によると、
「キープというワケではないが、(新外国人野手の)ドミンゲスの様子を見たい。2週間はね」
と、長距離砲不在に悩まされ続けるチーム状況に対して、何とも余裕と言うか、高いところからと言うか、ノンキと言うか、???な感じです…。
お金で揉めているのかとも心配していましたが、そうでもない、球団優位なコメントです。
昨日の入団会見でも、「ボクは長距離タイプではない」と宣言したドミンゲスに対してどのような判断がなされるのか。
1年前には、2人の新助っ人のキャンプ~オープン戦の調子を見て、行けると判断したことで、チームのシーズン・プランが台無しになったところです。
待つ身のペーニャ。
どんでん返しで、村田との三角天秤もあるのではとは、深読みし過ぎでしょうか。
とにかく、ドミンゲスがどうであれ、DH枠は “ペーニャ・ファースト” で全く差し支え無いはずなのに…。
以下、各紙報道 原文ママ。
【ロッテ・ペーニャの契約は新外国人ドミンゲス見極めて】
デイリースポーツ 2/1(木) 17:42配信 
 「ロッテ春季キャンプ」(1日、石垣島)
 ロッテ・林信平球団本部長は(57)は今季契約が未定となっているウィリー・モー・ペーニャ内野手(36)に関して、「キープというワケではないが、(新外国人野手の)ドミンゲスの様子を見たい。2週間はね」と語った。
 ロッテは前レッドソックス3A、マット・ドミンゲス内野手(28)を獲得しており、実力を見極めて、ペーニャとの契約に踏み切るかどうかを決定する方針のようだ。
 ペーニャは昨年6月に途中入団。70試合で15本塁打、38打点、打率・242の成績を残している。
【ロッテ林球団本部長、ペーニャとの再契約は「ドミンゲスを見ながら…」】
 Full-Count 2/1(木) 16:00配信 
●昨季は途中加入ながら70試合で15本塁打を記録
 キャンプインを迎えてもなお、今季契約の行方が明らかになっていないペーニャ内野手に関し、ロッテ林球団本部長は1日、「キープというわけではないが、(新外国人野手の)ドミンゲスを見ながら2週間は…」と話した。
 メジャー42発のドミンゲスは、初日からドラフト1位ルーキー・安田のキャッチボール相手を務めるなど意欲的なスタートを切った。打線の核として期待されている28歳が、第1クールから予定されているシート打撃で順調に結果を出せば、昨季は途中加入ながら70試合で15発を放ったペーニャと再契約をしない判断が下されるようだ。
 ペーニャの去就はドミンゲス次第となりそうだ。

↓押してくれはったら、嬉しいです。

(当ブログのランキング・ポイントになります。1票よろしくお願いします。)


にほんブログ村


千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ

 


 


 


 


 

Source: 京都発 マリーンズ、沖縄、ロックンロール、なblog

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。