モヤとアルモンテ

2日目のフリー打撃見ました。

モヤは長身ということで、セオリー的には膝下インローが弱点となります。
が、構えで背中を丸めてグリップの位置も低くしているため、インローは苦にしません。
それどころか捌きも上手いためインローが好きそうです。
メジャー時代の映像でもそこをホームランにしているものが多かった印象。
長身=インロー弱いの図式に対抗するためにその構えになったのかもしれません。
というわけで、インハイが打てないでしょう^^;
前述した構えに加えてインステップしてベースに被さるようになるので余計です。
ゲレーロもそうでしたが、更に長身で腕も長いでしょうから余計です。
避け方が下手ならゲレーロ同様、死球→故障の心配もあります。
まだフリーを一度見ただけなので、これから実践でどう対応するのか注目です。
森監督がまだこれから育成するくらいの気持ちでもと言っていた意味がちょっとわかりました。
アルモンテはまず右打席へ。
正直、期待の目で見ても良いとは思えません。
手首を使ってかなり前でとらえるので打てるポイントが非常に狭そう。
フリーですらポイントがズレまくって打席周りのネットに当てまくってました。
マジか、、、
ビシエドのように体重ごと前に行かないのがまだ救いですが。
(ビシエドはそれでも良い時は腰が回って打てる)
そして、左打席に移ったところで画面は次の投球のために待機する吉見へ。
待機してる姿を見ても何も、、、
そのままアルモンテのフリーは終了しました(*´Д`*)
吉見は流石のコントロールで低目低目。
松井佑はハイボールヒッターなので苦しんでいました。
が、福田はそれを軽々と飛ばしていました。
これが皮が剥けたというやつでしょうか。
怪我だけしなければ本当にやってくれそうです。
アルモンテに戻ります。
初日のフリーがYouTubeにあがってました!
左打席は別人でした。
癖のない打ち方で、しかも力強い。
エルちゃんにパワーが加わったようなイメージ。
良いんじゃないでしょうか!?
本人も左の方が今は調子が良いと言っていたようなので、もしかしたら右も良くなる?というのは淡い期待。
左投手相手でも左で打てばいいじゃない。


Source: ゴメ竜(中日ドラゴンズ狂のブログ)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。