育成木下投手

こんばんは、モヤがスイッチヒッターだと、おととい知ったモグリです( ゚Д゚)

4日のフリー打撃から、木下対石岡をとりあげます。

木下は、昨年ウエスタンで結果を残し、
150キロの速球という武器を持つことから期待される育成選手。
まだまだ粗削りということから、イメージしていたのは大型のパワータイプ。
しかし、見るとむしろ細身。
投球フォームも綺麗で課題がコントロールとは思えません。
まだまだこの時期のフリー打撃登板なのでバラついていて仕方が無いのですが、
球が速いけど荒くて球が抜けるのではなく、むしろ低目に引っ掛かり気味。
この点でもかなりイメージとは違いました。
身体作りという点でまだ伸びしろがありそうなのは好材料です。
そして、コントロールと共に課題なのは変化球。
スライダーを混ぜていましたが、これもイメージと違いました。
荒々しいイメージはなく、むしろまとまりのあるスライダー。
変化が小さいので、そっちの意味で課題なのでしょう。
ウインターリーグを見直してもあまりタイミングをずらせず当てられていました。
このスライダーを磨くのはなかなか難しいと思うので、
もう1球、真っすぐを生かす球が欲しいところです。
勝手な捕手目線からイメージで湧いてくるのは、小さなシュートかチェンジアップ。
意外と?綺麗な投球をするので大きなカーブや落ちる球よりそっちがあればいいかなーと。
もちろん勝手なイメージなので簡単にできることではありませんが(^-^;

とにもかくにもまだまだこれからの投手。
森監督が、「このままいけばオープン戦くらいに背番号が2桁になる」
と明言していたので、実戦形式での登板も多くなるでしょう。
まずは支配下、そして中継ぎ争いから。

昨年の今頃とガラっと変わった(変わってしまった)石岡のことも
書こうと思っていたのですが、長くなってしまったのでまた後日(^-^;


Source: ゴメ竜(中日ドラゴンズ狂のブログ)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。