第1クール終了

今回は昨日終了した春季キャンプ第1クールで目に付いた選手について書いていこうと思います。

☆松坂大輔

私の想像以上に話題性を持っていた松坂。
キャッチボールやフリーバッティングでメディアを引き付けるあたりさすがですね。

肝心の投球ですが、こちらも想像以上によさそうで驚きました。
もちろん細かいところを見ていけば左ひざが割れてしまっていたりとまだまだ実戦での投球は難しそうですが、近年で最も肩の調子がいいというのは間違いなさそうです。
これからもっと身体を大きく縦に使うフォームを固めていければ一軍での登板も見えてくるのかなと。

昨年と比べてかなりスローペースでの調整になっていますが、無理に開幕に間に合わせる必要の無いピッチャーですし今の調子で無理せずじっくりやってもらいたいですね。

☆柳裕也

首を横に振らないフォームに変わっていました。
昨年の怪我が理由なのかもしれませんが、それが吉と出るかどうか。
フォームの良し悪しについてはまだ分かりませんが、投げているボールを見るかぎり順調な調整はできていそうです。

柳の言葉の端々からは昨年の不甲斐なさへの悔いや今シーズンに懸ける強い気持ち、そして昨年の反省を分析しそれを克服する為の努力が感じ取れたので個人的に期待値を大きくしていました。
このまま怪我なく調整できればその期待に応えてくれるだろうと信じたいですね。

☆鈴木博志

森繁も言っていましたがいいボールを投げているように感じました。
飛ばしすぎる訳でも出遅れる訳でもなくここまでは順調に調整ができているようですね。

ただ、まだ実戦形式での投球すらしていない以上又吉を先発に回すことで空いたセットアッパーを任せられるとは言い切れないのかなと。

どこでだったか鈴木博志に関しては球数制限を設けたり3連投を禁止するなど慎重に起用すると言っていた記憶があります。
もちろん一軍で活躍してくれることに越したことはありませんが、ドラフト時点ではまだ素材型のピッチャーといった印象でしたし、今シーズンに関しては将来の為に変化球を磨くなど力を溜める1年にしてくれればいいのかなと。

☆田島慎二

投球に関しては特に言うことは無いのですが、やたらお腹が大きくなったのが気になりました。
ピッチャーと言うこともありもしかしたら馬力を出すために意図的に増やしたのかもしれませんし、ここ数年結果も出しているのでそれが絶対にダメだとは言い切れないのでしょうが心配です。

また、いつだかの平田のようにただただ調整に失敗して太ってしまっただけなのであれば、それが許されるブルペン陣の競争意識の緩さがやはり心配です。
田島は岩瀬に変わってもうブルペンの中心に立たなければいけない立場。田島の一挙手一投足がそのままブルペンの雰囲気に直結するでしょうし、自分に厳しく接することでブルペン陣を引っ張るくらいのピッチャーになってもらいたいところです。

田島が既にそのようなことができていて、ブルペンの雰囲気なんて知る由もない外部の人間が勝手に心配しているだけであればいいのですが……

☆京田陽太

今オフどの中日の選手よりも忙しかったと思われる中、それでも身体を大きくしているのはさすが。

タイミングの取り方を変えたフォームを取り入れるなど柳同様昨年の反省を分析しそれを克服する為の努力ができているように見えるので、特に心配はしていません。
この1週間を見て、短期的に成績を落とすことがあっても5年後にはきっと中日の中心選手になってくれるだろうと感じました。

野球に対する姿勢も才能もそれだけのものを持っているので、あとは怪我にだけ気を付けてもらいたいですね。

☆高橋周平

京田と比べてより明確に感じてしまいましたが、どういうバッターになりたいのかがやはり見えてきません。
周平が努力していないということは無いのでしょうが、フリーバッティングだけを見ると昨年のこの時期の方がよっぽどよかったと思います。

もちろん、2月1日にバッティングピッチャーができるようにと通達された投手陣や他の野手の仕上がりが早いがゆえに相対的に調整が遅れて見えるだけかもしれません。
とはいえ、出遅れたのは事実なのでこれからの巻き返しに期待したいですね。

☆福田永将

解説の「今開幕してもいいくらい」という言葉が大げさでないくらいの状態。

去年の周平がそうだったようにフリーバッティングがよかったからといって実戦で打てるかどうかは別ですが、期待はどうしても大きくなってしまいます。

ゲレーロの穴は誰か1人で埋められるとは思っていませんが、福田がフルシーズン出場してくれればある程度は埋めてくれるでしょう。
今シーズンの打線のキーマンになりそうですね。

☆松井佑介

福田の陰に隠れてしまいましたが、森繁も名前も挙げるくらいにはいいスイングができているように見えました。

読谷で状態がいいという平田と競争できるくらいにはなってきたのかなと。
アルモンテ次第ではレフトのレギュラーもあり得るかもしれないので、これからの実戦形式の練習でもアピールを続けてもらいたいですね。

外国人に関しては実戦を見てから書こうと思っていますが、ジーはブルペンでの投球を見るかぎりローテは守ってくれそうです。
ガルシアはあまり見ることができなかったのでよく分かりません。
アルモンテは思っていたよりもパワーがあり、モヤは左打席に専念してフォームを固めれば面白そうだなと。

大野奨太が入ってどうなるかと思っていたキャッチャー陣。
第1クールでは残念ながら特別なアピールを感じる選手はいませんでした。
経験の差はどうしようもないのでバッティングでのアピールに期待していたのですが……
これからの実戦練習での守備面でのアピールに期待したいですね。

レギュラー不在のセカンドはバッティングだけの印象ですが亀澤が一歩抜け出して、それを阿部が追いかけている状態なのかなと。
守備や走塁で劣る分打つ方のアピールが求められる周平はこのままでは苦しいと言わざるを得ません。これから巻き返してもらいたいところです。

他にも友永や井領などは状態がよさそうですね。

逆に豪快さが無くなってしまった石岡やアピールしなければならない立場なのにイマイチ目立てなかった小熊などは心配です。

状態がよさそうな選手が多かっただけでなく、怪我人やインフルエンザ罹患者が出なかったということもあり第1クールは順調に送れたと言っていいでしょう。
明日からの第2クールも怪我なく頑張ってもらいたいですね。

にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
にほんブログ村


中日ドラゴンズ ブログランキングへ

Source: やっぱり竜が好き

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。