【悲報】清宮、初の特守 三塁守備で19本中4本ミス

転載元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1517995084/

20180207-00000034-tospoweb-000-1-view

1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/07(水)18:18:04 ID:fUT

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(18=早実)がプロ入り初の特守を行った。しかし、約1時間行われた特守では三塁守備でエラーを連発するなど、送球までの流れはぎこちないまま。
練習後「下手くそっす! でも、やるしかしょうがないっす」と自分に言い聞かせるように語るなど、苦悩をのぞかせた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00000034-tospoweb-base

2: 名無しさん@おーぷん 2018/02/07(水)18:19:27 ID:fUT
 続いて行われた内野ノックで清宮は三塁のポジションに入ったが、19本のうちイージーなゴロ4本をエラー。
構え、捕球、送球という一連の流れを意識し過ぎるあまり、捕球時のステップが合わないなどのミスが目立った。

 その後は一塁守備にも就き、金子コーチが付きっきりで足の運びを丁寧におさらいする姿も見られたが、特守後の清宮の表情からは、連日の単調な基礎練習と、打てない苦しみから疲労の色がにじんだ。
ネット裏にいた旧知の関係者に思わず「下手くそっす。でも、やるしかしょうがないっす」と弱音を吐くシーンも見られた。

3: 名無しさん@おーぷん 2018/02/07(水)18:20:17 ID:fUT
 金子コーチは「分からないんだったらやらせるしかない。守備はリズム。バッティングをし始めたら、彼も野球人としてリズムを急に取れだす可能性があるかもしれない」と辛口。

 清宮を右翼付近から見守っていた栗山監督は「本当は打てばストレス発散にもなるんだろうけど今、自分が(打つことを)我慢している姿が自分にとってどういう意味を持ってくるのか。
しっかり受け止めて、やるべきことをやるしかない。その意味ではいい時間を過ごしていると思う」と語った。打ちたくても打てない清宮の苦しい“守備の日々”が、今後の確かな成長につながることを確信しているようだった。

続きを読む

Source: なんじぇいスタジアム

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。