期待できる捕手大野

大野が一人、居残り練習をしたようだ。

右ひじ手術後、オフをリハビリに費やし、キャンプに間に合ったものの自分の状態を上げようとする姿勢には非常に好感が持てる。

成績を残した選手。若い捕手には無い意地というか、自分に納得などしていないのだろう。
谷繁以降、周囲の目を気にせず我を通せる捕手がいなかったように感じる。

捕手に求められる能力は大きい。どの守備位置よりも守備力、そして頭脳、野球に対しての思いが必要なポジション。打って守れる捕手がいるに越したことは無いが、やはり捕手は守れないことにはどうにもならない。捕手で打てる選手を探すくらいなら他のポジションが頑張れよ、と思う。

90年代~00年代にスター捕手が多すぎたため、どうしても現代の捕手に物足りなさを感じるが、そもそもその他の野手だってレベルが下がっているように感じる。ボールの違い、能力のある人間が野球以外にも選択肢が拡がり、結果、野球には投手に良い人間が固まっている気もする。

大野選手のスローイングが戻ってきて欲しいという気持ちもあるが、まずはリード面で中日を良い方向に導いてほしい。ただし、情報の多い現代野球。捕手が一人で成り立つほど簡単では無い。第2の捕手も必ず出てきて欲しい。個人的には育成になった桂捕手が好きだったのだが、復帰まで時間はかかるだろう。

木下捕手はパワーを、松井捕手はバット技術を、武山捕手は投手を引っ張る気持ちを、と各々の個性を伸ばし第2捕手を争ってほしい。杉山捕手はニュースにも出ていたが捕手というよりは完全に打の選手な気もする。

いつリードを見ることになるか?楽しみで仕方がない。


にほんブログ村

Source: 今日から俺はドラゴンズ!!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。