「僕はマツに嫌われようが、笑われようが、全然構わないですから」 –  矢崎良一 「松坂世代」

え~、今日は福本豊さんの著書を紹介しようと思っていたんですが
松坂投手の、おそらく現役最後の登板を受けて
何度も読み返したこの本を取り上げたいと思います(^_^)/

「松坂世代」!あらゆる層の野球ファンにとって、
なんだか胸がうごめくタイトルですよね!(^^)!

松坂世代 表紙

こちらは裏表紙です。
書かれている名前を見てるだけでも、
「これは読まな(゚Д゚)ノ」ってなっちゃいますよね(^^;

松坂世代 裏表紙

目次~。

松坂世代 目次

わたくしは、面白すぎて一気に読んでしまえるこの本のなかでも
横浜高校でバッテリーを組んでいた小山良男さんがらみの話が
一番好きです。

のちに亜大で、Bsの生え抜きに等しい木佐貫さんの球も受け、
社会人を経てドラゴンズに入団したんですよね~。

なんにしても、あらゆる層の野球ファンの
心を刺激する内容だと思いますよ(*^^)v。

それにしても、あの松坂大輔のリアルな現状を見てしまったのは
けっこうなショックやったな~(-_-;)。

松坂自身、そして松坂世代の選手たちには今後も注目していきますよ(゚Д゚)ノ!

松坂世代 (河出文庫)

新品価格
¥853から
(2016/10/2 19:06時点)


Source: オリックス・バファローズを愛する小市民のブログ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。