キャンプ第2クールが終わり、笠井、楠本選手がMVP

DeNA 第2クールMVPにラミレス監督「投手は笠井、野手は楠本」スポニチ2018年2月8日 16:46

 1月に育成選手から支配下登録されたばかりの2年目右腕・笠井は、7日のシート打撃に登板して最速147キロをマーク。指揮官から「非常に(投球の)バランスが良いし、投内連携の動きも良い」と絶賛
 ドラフト8位ルーキーの楠本(東北福祉大)は、広角に打ち分けられる打撃が魅力。ラミレス監督は「素晴らしい打撃のテクニックを持っている。多くの人が思っている以上に素晴らしい打者だ」

春季キャンプも第2クールが終わり、ラミレス監督はMVPに投手は笠井投手、野手は楠本選手を選びました。笠井投手は台湾ウィンターリーグを見ていたので、ある意味期待どおりです。楠本選手はキャンプの動画配信で見て、その安定した打撃に目を奪われました。ふたりとも本当に楽しみな選手です。

初の対外試合となる11日の阪神戦については、筒香選手ら主力は出場させず、3,4,5番にソト、佐野、細川選手、1番にセンターに神里選手ということを、既に監督は語っていましたが、その時点ではおそらく以下のような打順が想定されていたはずです。

1 CF 神里
2 SS(2B) 大和(柴田)
3 3B ソト
4 1B 佐野
5 RF 細川
6 LF 乙坂(楠本)
7 
捕手
8 
DH 中川
9 
2B(SS)倉本

しかし神里選手が故障し、1番にセンター乙坂選手が入ることになり、楠本選手がレフトでスタメンとなるのではないでしょうか。神里選手も見たかったので残念ですが、もうひとり見たかった楠本選手の打撃は、11日に見られそうです。この試合は、スカイAで放送されます。

DeNAドラ2の神里が別メニュー調整 11日の阪神との練習試合は欠場 スポニチ2018年2月8日 17:37

 ラミレス監督は「(神里は)無理をすればプレーはできるが、新人なので無理をさせずに違う別メニューにした」と説明した。軽症とみられ、大事を取っての措置。第3クール(10日〜)以降も1軍に残り、別メニュー調整を続けながら回復を待つ。
 走攻守そろった即戦力外野手として入団前から高い評価を受けていた。7日のシート打撃では2盗塁をマークして自慢の俊足をアピールしていた。11日の阪神との練習試合(宜野座)で「1番・中堅」でフル出場することが内定したが、「次の試合は欠場する」と指揮官。代役として乙坂がスタメン起用されることが決まった。

神里選手も幸い軽傷のようです。近いうちにその姿を実戦でも見ることが出来るでしょう。

DeNA 佐野 パワー炸裂柵越え13本 今季の初対外試合で「4番」に スポニチ2018年2月8日 17:45

 佐野が、フリー打撃で41スイング中、柵越えは13本。右翼席奥のネット上部や右中間のスコアボードに打球を直撃させただけでなく、さらにヒットゾーンにも鋭い当たりを連発。視察に訪れていた阪神・嶋田スコアラーは「飛距離はすごい。バットスイング、ヘッドのスピードが速い。打線に入ってくると脅威になる」と警戒した。
 11日の阪神との練習試合(宜野座)で「4番」で出場することが内定している。「チャンスを無駄にしないようにアピールしたい。」

佐野選手も、昨年とは違うところを見せてくれるでしょう。ここまでソト選手の評価も高く、今日も仕事の合間に動画配信で、細川選手のバックスクリーンの上の方を直撃するもの凄い当たりを見ましたが、ソト、佐野、細川選手のクリーンナップはかなり楽しみです。

DeNA“スタートライン”で走塁改革 意識向上へリード大きく スポニチ2018年2月8日 08:48

 シート打撃で塁間に珍しい「スタートライン」が引かれた。一塁から二塁方向の約4メートルの位置に白線が設置されると、走者全員が白線に左足を乗せてリードをとった。
 青山ヘッドコーチも「けん制アウトになってもいいので広くリードをとる。走塁の意識を徹底させるため」と明かした。1盗塁に成功したドラフト7位・宮本(パナソニック)は「盗塁をしない選手にとっては、一塁がかなり遠く感じると思う」
 昨季はリーグワーストの39盗塁。機動力の向上はチームの大きなテーマだ。俊足以外にも意識が浸透するまで、次の塁を狙う姿勢をすり込んでいく。

こういった練習がどこまで実を結ぶかはこれからですが、私はチームのこの姿勢に大賛成です。

【DeNA】ドラ1東、捕手座らせ51球 自己採点は0点→50点に上昇 2018年2月8日17時39分 スポーツ報知

 東投手が8日、ブルペンで捕手を座らせ51球投げ込んだ。6日のブルペン投球では制球が定まらず「0点」と、厳しい自己評価をしたが、この日は「50点」とした。
 直球には力があり、チェンジアップは打者のタイミングを外すには十分だった。スライダー、カーブも投げ込み〜
 この日は浜口、石田の両先輩左腕と同時にブルペン投球を行い「一球一球の間に先輩の投球を見て、学びながら投げた」と参考にした。ラミレス監督は「投手コーチから直球は浮き上がる感じ、変化球もよかったと聞いた。」

そしてドラ1の東投手。実戦で登板するのはもう少し先になりそうですが、本当に楽しみです。 

応援クリックいただければ幸いです
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村



Source: YOKOHAMA lover

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。