オコエも森もちょっとイマイチ

google_ad_client = “ca-pub-9937916667902360”;
google_ad_slot = “5957502538”;
google_ad_width = 728;
google_ad_height = 90;

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js
フリーバッティングを見ていた。投手は森、打者はオコエ。
オコエは滅多に良い打球を飛ばすことはない。タイミングの問題ですかね。お?けっこういい当たり?と思っても外野が浅い位置に走って捕球ていど。しかも当たり損ねのゴロやケージ内でのフライも多く解説も「よくねーよなあ」というような事を言ってました。
対するバッティングピッチャーは森。ある程度打ちやすい球を投げるのだから、打たれるのは当然だろうと思う。しかし3級の内、2球は高めに抜けるボール球。そら、そんなに急に制球力よくなるわけないもんね。オコエは見逃したりしながら打ってたけどゴロばっかり。
せめて調整中だからヒット性の当たりを打つことは考えてないのだ!というのなら安心だけど。森は内角には投げられないというプレッシャーはあったと思うけど外角球も球目に大きく抜けるシーンが多くて「今期もこれなんじゃね?」とか思ってしまった。

打者はみな仕上がりが遅いのが好打球連発というわけにはいかいない選手も多かったみたい。
銀次は、そんな球でもきちんとミートして良い当たりを打ってましたな。
意外にも今江も良い音でヒット性の当たりを連発していました。

しかし今江の今年の立場ってどんなのですかね?

ここ2年は途中に怪我があったから「まあ仕方ないか」という見方もあったでしょうが、怪我なく過ごすシーズンでは、どこまでやれるか?ではなくどこまで出られるか?の段階でしょう。
だって巨人の村田が解雇でBCリーグ行くって言うんですぜ?
村田は昨年、打率.262 本塁打14本 と悪くはない、特にマギー、阿部とのポジションの都合上で理不尽に試合が出られない状態でこれである。出ていれば打率は不明でも20本はホームラン打ってただろう。守備だってかなりサードでは上の方に入るはずで少なくとも(守備さえよければねえ)と言われる存在でもない。

一方、楽天のサードはウィーラーだけど今江に巻けて点は守備力だけではないのね。だって今江ってば長打は打たないし、だからといって3割3分とかはうちそうにもない、足も遅い。すぐけがをする。

こうしてみれば長距離打者でもなければアベレージヒッターでもなく守備も重大…というレベルの今江が元ジャイアンツの村田よりも認められてどこかの銃弾に迎え入れてもらうという事があるんだろうか?

アタシはないと思う、だから今年が最後のシーズンだ。
いや、楽天でサードかファーストが怪我で空くという場面もあるだろうが、普通に考えれば、内田、三好、西牧を起用して銀次をファーストにすればいいだけだし。

つまり時代的に攻守(走はない)揃った村田でもNPBでは不要なのである。来期に今江が全チームから不要と判断される可能性は極めて高いと思える。
しかし実力の世界だけに初期のお試し起用の際にホームランは打たないまでも勝負強い打撃を続けるようなら若い選手を二軍調整に押しやって自分のプレーをアピールできるかもしれませんな。ここ二年の成績だと個人的には「イラネ!」と思うけれど、けっこう大舞台でひょうひょうと良い仕事をしてくれそうな気もしているのだ!だから結論。「開幕一週間を見てから決める」以上でーす。

★★★ランキングに参加しとります。いつもありがとうございます。読む価値があったと思ったら「楽天イーグルス」のバナーをクリックしていただけると嬉しいんです★★★

にほんブログ村
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”13e09e9a.ca0b78af.13e09e9b.747c4f29″;rakuten_items=”ranking”;rakuten_genreId=0;rakuten_size=”468×160″;rakuten_target=”_blank”;rakuten_theme=”gray”;rakuten_border=”off”;rakuten_auto_mode=”off”;rakuten_genre_title=”off”;rakuten_recommend=”on”;
https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js
<!– Rakuten Widget TO HERE
Source: 楽天イーグルスは死なない!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。