燕の2018年が楽しみ

トレード、戦力外からの補強、新入団選手のお披露目、そして全体に厳しめの契約更改が終わり(マスコット以外)、外国人選手の補強も完了し(野手は取らないのね…)、球団も選手もファンも、一生忘れられないであろう2017年が終わります。

はー。本当にね、苦しい1年でしたよ。
今年は生観戦で勝ち試合1つだけ、しかもそれが観戦した最終戦だもんよ。
とにかく今年は、何をやっても裏目裏目のベンチが不憫でならなかった。腹が立ったこともあったけど、竹やりでB29に対抗できるもんじゃないっす。例えが昭和だ。平成ももうすぐ終わるこの時代に!

選手として、指導者として、長きにわたりチームを支え続けてきた真中・伊藤・押尾の退団、そして優秀なスコアラーに成長していた志田も巨人に持っていかれて、選手だけでなく裏方も人材を育てて変わっていかなければならない2018年。

いきなり常勝軍団になることは無理だし望まない。生きて腸に届くL-カゼイシロタ株が徐々に腸内環境を改善するように(?)、数年後(数年で済むか?いや済んでくれ)に花開くと思えば、2018年の開幕が待ち遠しくてならぬ。


にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
Source: 白猫といっしょ…いや、むしろ白猫の下僕

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。