阪神との練習試合、完敗の中に良い点を求めれば

今日の阪神との練習試合には、楽しみにしていたことがいくつかあったのですが、残念ながら阪神のいいところばかりが目立った試合になってしまいました。まあ、阪神は主砲ロサリオ選手がスタメンに入り、他にも中谷選手、大山選手という、今季の阪神打線の柱となる可能性のある選手たちもいましたし、さらには岩貞、小野投手という1軍の先発ローテーションが想定される投手に、2年目右腕才木投手が評判どおりの投手で、ベイスターズの若手野手陣には荷が重すぎたかも知れません。

才木投手の存在は、昨年大和選手の人的補償の予想のとき、綾部、平良投手らのプロテクトは多少甘くても大丈夫ではないかとした根拠のひとつでした。才木投手は一昨年の高卒ドラフト3位ですが、ベイスターズの昨年のドラ3阪本投手も来年の今頃には、これぐらいの投球をしていて欲しいものです。

話が逸れましたが、完敗の中にも良い点もありました。

飯塚投手は、ロサリオ選手にはホームラン、タイムリーヒットで3点を許しましたが、第1打席は内角低めストレート、第2打席は内角高めストレート、捕手の構えたところにしっかり投げての被弾でした。外国人の長距離打者に内角ストレートから入ったのは、当然チームが初見参のロサリオ選手に探りを入れたかったためで、普通はこんな配球はあり得ませんから、飯塚投手の責任ではありません。フォークは相変わらず良いし、ストレートの球速も昨年より出ていたように思います。

三嶋投手と平田投手は、今はビハインドで投げるリリーフの座を争っている立場だと言えますが、今日は完全に三嶋投手に軍配が上がりました。4,5回の2イニングで5点の追加点を許した平田投手に対して、三嶋投手は6,7回の2イニングを無失点に抑えました。三嶋投手には、ルーキーの時のストレートの球威はもはやありませんが、変化球を交えた投球には、ある程度の安定性が感じられます。そして8,9回は笠井投手が期待どおりの投球で締めました。笠井投手は勝ちパターンのリリーフに入る可能性があります。

じっくり見たかった二遊間でしたが、残念ながら内野ゴロがあまりなく、ショート大和、セカンド倉本選手へのゴロはそれぞれひとつづつ、いずれも平凡なゴロでした。

キャンプの動画配信、そして今日の試合の守備を見る限り、ソト選手のサードの守備は、ロマック選手はもちろん、バルディリス選手より上と思われます。ただし打撃に関しては、ソト選手が日本の投手に慣れるのに、まだ時間がかかりそうです。

打線は全般的にさっぱりでしたが、倉本選手が岩貞投手から2年連続レギュラーの貫禄を見せてセンター前ヒット。あとは荒波選手にヒットがあったぐらいでしょうか。大和選手も粘って四球を奪ったのが評価されるでしょう。若手では、途中から出場した楠本選手が選球眼の良さを見せて四球がひとつ、その後盗塁も決めました。しかし残念ながら、楠本選手は今日はバットを振る機会がありませんでした。

今まであまり足での貢献がなかった選手も1塁に出塁したら大きなリードを取って、足のある選手なら盗塁も積極的に狙うという、キャンプ開始時からのチーム方針で、倉本選手こそアウトになりましたが、細川選手も盗塁をひとつ決めています。シーズンに入って、今の経験が活かされることを期待します。

明日は紅白戦です。今日の試合では打てなかった野手陣も、良いところを見せて欲しいものです。

応援クリックいただければ幸いです
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

Source: YOKOHAMA lover

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。