~オリックス・杉本、一発 の巻~

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 杉本裕太郎

南国・宮崎に似つかわしくない寒さのなか、
今年最初の紅白戦を行ったオリックス。

目立ったのは白組の四番に入った、杉本裕太郎
シート打撃に続き、またしても齋藤綱紀から一発

外寄り低め、
リーチのある杉本の腕が最も伸びるところ。
レフトスタンドへライナー性の特大ホームラン

藤井の指導によるものか、
左足を早めに上げ、若干泳がされながらもしっかりとバットに乗せました。
昨年のプロ一号もそうでしたが、
芯に当たればスタンドインするだけのパワーを備えている杉本。
バットも内から出て、成長を窺える一打に観衆も湧きました。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 岡田塾塾生

正直な話、いつまでも駿太駿太言っていても埒が開かず
そう言い続ける限りオリックスが強くなることはなく。

鉄壁の守りを誇る、駿太改め後藤がセンターの定位置を奪えばそれがベストも、
何年にもわたって出場機会を与えられ続けても結果が出なかったのもまた事実。

ドラ1であろうがなんだろうが、
福良が言うように、「結果」を残す選手が試合に出ていくべき。

スケールの大きな杉本、
打撃面では後藤を抜いた感のある武田がセンターを奪ったならば、それは競争の賜物

岡田塾、
塾長と生徒会長は二軍に落ちましたが、
残る二人が、実は今年のオリックスの攻撃陣のカギを握っています。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 後藤駿太

と、辛口に批評した後藤ですが、
さすがに目を覚ましたか、塁上を駆け回っていました

オリックスのレギュラー候補のなかでも足が使える数少ない選手の一人である後藤。
武田、杉本にはない、足という武器を使えれば(二人とも決して足は遅くはないものの)、
福良の起用方針からみて有利この上なく。

結婚し登録名も変えた後藤駿太。
いまのままではダメ、
なにかを変えたい、という後藤の覚悟を今日の試合で感じました。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 根本薫、宗佑磨

投手陣で目についたのはやはり山本
伊藤にはストレートを弾き返されましたが、スライダーの切れはえげつなく。

二軍から呼ばれた根本、宗、岡崎、吉田雄人がスタメン。
打者転向して一年も経っていない根本の六番起用に、
首脳陣の期待の高さ、根本の素質の高さを感じます。

根本のあとの七番を打った宗も、負けじと三塁打・二塁打でアピール。
入団当初故障続きでまともにキャンプもできなかった宗も、ようやくプロ仕様の体力がついてきました。

まだまだ寒いですが、
実戦に入りようやく球春の到来を実感します。

いまのうちに若手はどんどんアピールしてほしいものです。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


よろしければ一押しお願いします。

※twitterやっています。フォローしていただければ幸いです。

※お問い合わせはこちらからお願いします。

Copyright © 2018 祈優勝! オリックスバファローズ All Rights Reserved.

Source: 祈優勝! オリックスバファローズ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。