ピッチャーとしてゲームを支配する感じ?

栗山監督は、言霊(ことだま)の人だ。言葉に宿っていると信じられている不思議な力を選手に向けていると思われる。それは時として、物語を生み、感動?を生み出すこともある。

しかし、この言葉はどうだろう。

「ピッチャーとしてゲームを支配する感じ。あの空気感はとてもよかった。(今後も)楽しみにしています」というもの。

ゲームを支配する感じですか・・・。練習試合2イニング0封に向けられたものとはとても思えない。ま、栗山監督は、斎藤佑樹に限らず、選手をよっぽどのことがない限り酷評したりしない。それはとてもよいことなんだけど、斎藤に関してはもう少し抑え気味にした方がいい。斎藤もマスコミ受けする回答をするタイプの選手なので、監督や本人のコメントと、実際のピッチングとのギャップが格好の餌食になってしまう。

今回はたまたま0封に抑えたらいいようなものの、失点を重ねてもポジティブ過ぎるコメントで、外野をざわつかせるはず。

マスコミとしては、まだまだほっとおけない選手なのかもしれないが、それにしても・・・なのだ。

にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村

Source: ファイターズ魂

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。