練習試合始まる!

遂に練習試合。ダラダラ長く書くことになるがお付き合いいただきたい。

スタメンは下記

1.遊 京田
2.左 遠藤
3.指 アルモンテ
4.三 福田
5.右 モヤ
6.二 周平
7.一 阿部
8.捕 木下
9.中 友永
投手 小笠原

試合は後攻、相手は韓国のハンファだ。

<スタメンの印象>

松井ではなく友永が起用されているところが気になるが、2軍での起用も考えると、センターといえば友永なのだろう。遠藤はセンターを十分守れないのかは分からない。ただ、外野の中でセンターは特別な存在。守備力も重要。更に中日では大島が守りレギュラーを奪うのは至難。年齢的にも大きな世代交代が出来ないため、レフト、ライトを争うしか無い。そのメン友永はこのままセンターを本職とし続けることに価値があると思う。

遠藤がレフトで先発。これが何を意味するか?筆頭候補だろうか。外国人選手二人の起用はココは譲れないだろう。未知数の選手を見極めるためもあるし、プライドもある。アルモンテがDHになったところは気になるが、まぁ深読みしても仕方がないか。

内野は阿部がファースト。ビシエドが当確状態である為、一塁も出来る器用さを見せてもらいたい。サードで4番福田は確定とし、ショート京田は1番に入った。今年も結局1番なんだな?と監督に言っておきたい。6番構想もあったと記憶しているが、1番はコロコロ代えて欲しくない。ただ京田の打順は本人以外の選手で変わる要素が強い。ポジションと共に上位打順は早く固定してもらいたい。

そしてセカンドは周平。これはまず試してみるしかないね。最悪亀澤という、昨年のバルデスのノリで亀澤は不憫だが『大化け』という意味では仕方ないのかもしれない。

捕手は若手木下がまず先発!捕手争いは激しい。

そして投手は小笠原。落合監督なら背番号順だと平気で言いそうだが、まぁ森監督なら期待の順だろうと信じよう。

ハンファの選手相手ということもあり、レベルが全く分からないが、相手関係なく各選手の課題、持ち味を見せられるか?ここ最近は低迷しているチームとのこと。

というワケで、感想を簡潔に書きたい。

スコアは 6-0
投手陣は継投で1安打完封勝利。
小笠原-柳-笠原-鈴木と2イニングづつ投げて、最後は木下が締めた。
最初の4人は木下捕手で最後は加藤捕手。

中日の一方的なゲームになったが、審判のストライクゾーンが広かったこと、打者が積極的だったことが偶々かみ合い思った以上にノビノビプレーしていた。ハンファも少し雑な印象、ハンファに取って練習になったのか心配にはなる。松坂フィーバーで気づかなかったが、中日は今年も走塁意識が高いようだ。格下の相手ということもあり、すべての走塁、盗塁が成功していた。あと試合を見た限りセンターは友永じゃないと厳しかったと思う、大島は別格としても良いプレーが多かった。風が強い中で簡単にこなしているように見えた。

小笠原投手はストライクゾーンで勝負が出来ており、仕上がりが早い。柳投手は課題を克服しつつある。笠原投手は伸びしろという部分では二人に劣るが完成度が高く感じ、昨季と変わらず結果を残せる予感がある。対して鈴木は課題が克服出来ていない感がある。そして木下投手は始めてみたに近いが、力のある直球を投げていた。支配下でないのが不憫でならない。今日の投手の出来が木下捕手の能力かは分からないが、木下捕手は十分結果を残した。

野手ではアルモンテが結果、内容ともに良かった。森監督が2番で使いたいと発言したが、案外本気かもしれない。モレは身体の割に足が速く、手が長い為低い球も届く。両外国人は思った以上に対応できるのではないか。周平が試合の半分以上の牽制を受けていた気がする。これは積極的な走塁意識が効いているのだろう、非常に好感が持てる。

対して遠藤はなんとか一本打ったが内容が悪すぎる。ノビノビと打つメンバーと比べ、特別に悪い。京田は変わらず四球が選べそうな感じは少なかった。期待しているだけに悔しくもある。

この時期、しかも練習試合で判断するのは早すぎるが仕上がりの差が選手間で大きい。仕上がりが早い選手はシーズン持つか心配になるし、遅い選手はこれから上がってこないのでは、と心配になる。

しかし徹底された走塁意識、これは全選手が持っていた共通認識。これを最大限に生かす野球が出来るかどうか。この課題は首脳陣に託される。

ダラダラ実況を最後に一応残します。


にほんブログ村

これ

続きを読む

Source: 今日から俺はドラゴンズ!!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。