~オリックス・K‐鈴木、評価高まる の巻~

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 K-鈴木

 オリックス春季キャンプ(13日、宮崎)オリックスのドラフト2位・K-鈴木投手(24)=本名・鈴木康平日立製作所=が13日、シート打撃に初登板し、打者4人に13球を投げ、無安打に抑えた。

キレのあるスライダーで2三振を奪い、大きく鋭く曲がる変化に、他球団スコアラーは「ヤクルトにいた伊藤智仁に近い」と警戒。臨時コーチを務める阪急OBの山田久志氏(69)も「曲がりが大きい」と驚かせた。(サンスポ)

近藤、黒木らとともにシート打撃に登板したK-鈴木。

鈴木昂平、縞田から三振を奪う上々のピッチングを披露。
その中でも目を引いたのは、三振に切ってとった外角へのスライダー
大きく横滑りし、バットに当たらず。

伊藤智仁はさすがに言いすぎでしょうが、
縦スラが主流になりつつあるいま、このボールは貴重です。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 スライダー

横に滑るタイプのスライダーです。いいときはもっとクイっと曲がります。右打者の外や左の外に使うイメージ。まだ納得いっていないです」と語るK。

自信満々の強気の発言が目に付くK。
しかし、
新人、しかも投手ならば、それくらい強気な方がよく。

  臨時コーチを務める山田氏も「曲がりが大きい。カーブに近い感じだ」と驚がく。1年目なだけに「でも、まだまだこれから。もうワンランク上げていって欲しい」と成長を求めたが、右腕もそのつもり。「プロのレベルは高い。見極められることもあると思う。そのときは、真っすぐで押したり対応していきたい」と気合。そして、「(伊藤智仁さんのスライダーと)一緒じゃなくて、それを越えていきたい」と言い切った。

レジェンド、他球団スコアラーからのお褒めの言葉はKの財産。
しかも、その称賛に満足することもなく、
まだまだ上を目指していく志。

亡き闘将の背番号を受け継ぐ男の闘争心を感じます。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 正の変換

私自身、日立製作所時代の鈴木康平のピッチングには心惹かれず、あまり評価をしていませんでした。
しかし、
オリックス指名後の強気な言動とその面構えは、いい意味で最近の若者らしくなく(そういう選手大好きです)、
今回のシート登板をみるにつけ、
いよいよ私の評価を改める時期が来たようです。

こういう正の変換が増えてくることは、ファンとしても嬉しい限り。

同日に登板した近藤や黒木のストレートに比べると、その直球は若干垂れ気味ですが、
比較する相手も悪く、
そこは伸びしろと捉えても問題なし。

また一人、楽しみな投手が増えました。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 田嶋大樹

ドラ1の田嶋は、疲労を考慮されてのシート打撃登板回避

プロとしては珍しい毎日のブルペン入り。
それも田嶋のやり方とはいえ、
1年目ということもあり、首脳陣からストップが入りました。

キャンプも中盤を迎え、疲労も溜まってくる頃。
チームの命運を左右する宝ゆえ、首脳陣も配慮せざるを得ません。

負傷ではないため、
次のクールでは実戦デビューとなりそうです。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 高木晃次

K‐鈴木のスライダーを、「ヤクルトにいた伊藤智(仁)に近い」と激賞してくれた他球団スコアラーは、
ロッテの高木スコアラー。

1986年の阪急ブレーブス・ドラフト1位の高木晃次です。
ドラフト同期に、中島聡がいます。

すらりとした体躯から投じられるストレートは150キロ。
阪急ファンの夢を背負うに十分な大型左腕でした。

プロ4年目に初勝利。
その年、主に中継ぎとして6勝を挙げるも課題は制球力。
その後、球界の寝業師・根本陸夫に請われてダイエーに移籍。
その記事を読んで、食事が通らないほどに落胆したのは、もう20有余年前になります。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 阪急最後の投手

その後、テスト入団のヤクルトで野村克也に出会い、
ピッチングスタイルが大きくチェンジ。

阪急のエースと期待された頃の面影はなくなったものの、
このモデルチャンジが奏功し、コントロールに苦しむこともなくなりました。

そこからヤクルト・ロッテで12年間のプロ人生を送ることとなり、
計23年のプロ人生を全うし、2009年に現役引退。
阪急ブレーブスを知る最後の投手となりました。

高木のように、
挫折を知り、その挫折を自らの技術で乗り越えた経験のある選手にこそ、コーチをしてもらいたいと願います。
コーチは栄光よりも躓きこそがその糧となるはずだから。

いまのオリックスの投手コーチは、
高山、平井、小林、小松、酒井と右ばかり。

高木晃次。
その経歴からしても、いつかオリックスに戻ってきてほしい人材です。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


よろしければ一押しお願いします。

※twitterやっています。フォローしていただければ幸いです。

※お問い合わせはこちらからお願いします。

Copyright © 2018 祈優勝! オリックスバファローズ All Rights Reserved.

Source: 祈優勝! オリックスバファローズ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。