祐太、野球は楽しいか?

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。

大嶺とチェンが学校訪問。(日刊記事リンク)自主トレに使わせてもらったお礼に、児童と交流したそうです。

ちょうど2軍に振り分けが決まってしまった2人。なんとも凄いタイミングですね。大嶺祐は「野球は楽しいですか」という子供からのド直球の質問を受けたとか。「本来は楽しくてやってきた野球なのに、忘れかけている」…そうなんですよね。8勝を挙げた翌年から、どうもピリッとしない。悲愴感が漂ってしまっています。

古里石垣、青い空青い海のもとで、のびのびとプレーしてプロの舞台へと上り詰めた逸材。もっともっとできるはずです。このまま燻ってフェイドアウトなんて寂しい、取り戻した初心を胸に、もう一度這い上がってほしいものだと切に思います。チェンチェンも頑張れよ!

読んでいただきありがとうございました。
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ

ブロトピ:野球に関する記事なら何でも
Source: マリ男~ロッテについて考えることは喜びである

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。