~オリックス・鬼の福良、降臨 の巻~

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 山田久志の慧眼

臨時コーチ・山田久志の指示もあり、
紅白戦での登板翌日に100球超の投げ込みを行ったK‐鈴木。

投げ込み終盤、スタミナ不足を露呈。
無念のファーム落ちが決定しました。

球速は出ていても、ストレートに力強さを感じられず、
制球もアバウト。
目を見張るボールがあっても、その発現確率は低く。

その根本は体力不足

山田くらいになると、そのことを見抜いていたのでしょう。
それゆえ、
強制的に100球オーバーの投げ込みを課したところ、
予想にたがわず、その課題が露呈したということ。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 後日のために

その才は認められつつも、高校・大学とプロ側が鈴木の指名を見送ってきたのは、
プロとして戦えるだけの体ができていなかったから。

日立製作所入社後、体が一回り大きくなりましたが、
それでも芯が一本入るまでには至らず。

以前の記事でも書いていましたが、
シート打撃で高評価を受けたとはいえ、
私自身、鈴木は即戦力というよりも素材型の選手だと踏んでいます。

福良をはじめとした首脳陣の判断は、
上で先発を任すにはまだ早い、ということ。

決して見捨てたのではなく、
福良も「ファームで先発をやらせます」(Full-Count)と語っているように、
下で体をじっくり鍛えて、投げるための体力をつけさせ、先発として大きく育てていくという心積り。

後日の飛躍のためのしゃがみ込みというところでしょう。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 後藤駿太

インフルエンザの後藤駿太も二軍落ちとのこと。

これも仕方ないでしょう。

厳しいプロの世界。
しかもレギュラーを奪わねばならない立場の人間がグラウンドに立てないのであれば、
下からやり直すのも致し方なし。

積極的に盗塁を試みていた、駿太改め後藤。
世界の盗塁王の宮崎来訪に合わせたかのような罹患は、もったいないの一言です。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

鬼の福良

その後藤離脱の穴を忘れさせる活躍をみせていた、大砲候補・杉本裕太郎も二軍降格。
理由は「サインミス」。
同じ理由で鈴木昂平もファーム落ち。

「今の時期、エラーや三振は仕方ないけど、サインミスは話にならん」と激怒する指揮官。
ついに今キャンプ初の、鬼の福良の降臨です。

宮崎が一軍昇格直後にスクイズのサインを見逃し、一日でファームにとんぼ返りということもあったように、
一軍半レベルの選手にとって、一つのサインミスは命取りとなります。

紅白戦で本塁打2本の杉本にも容赦はなく、
いやむしろ、今キャンプで最も目を引いた活躍をした杉本を落とすことで、
福良の厳しい姿勢を示すことにもなりました。

杉本に関しては、
いいお灸となったはず。
力的には必ずまた上に呼ばれる存在です。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 西野真弘と根本薫

育成の戸田も無念の二軍落ち。

計5人の降格組に代わって一軍に上がってくるのが明らかとなっているのが、西野真弘と根本薫
一二軍対抗紅白戦で活躍した二人の野手です。

活躍すれば上に呼ばれる。
こういう単純な引き上げは、二軍で汗を流す選手たちにとってかなりのモチベーションアップにつながります。
それでこその一二軍対抗紅白戦です。

それにしても、
打者転向一年にも満たない根本薫の昇格と右肩上がりの成長曲線には、
正直、驚きとそれと同じくらいの嬉しさを隠せません。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

※twitterやっています。フォローしていただければ幸いです。

※お問い合わせはこちらからお願いします。

Copyright © 2018 祈優勝! オリックスバファローズ All Rights Reserved.

Source: 祈優勝! オリックスバファローズ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。