コーチも決まり着々と準備が進む

コーチ陣要は既に発表があったこともあり、驚く面子では無かった。

森監督が目指す生え抜きメンバーを中心としたチーム編成。名古屋の土地柄、中日というチームの歴史から私も大賛成であり、着々と進んでいるように見える。ただ、完全に置いてかれている立浪の存在が気になる。彼が有能なのは皆分かっているのだが、既に機を逸しており、今の雰囲気から立浪が入ってくるのも少し違和感があり、もう次の世代に移りつつある。今回殿堂入りも出来ず、今後の扱われ方が非常に気になる。

色々な噂が絶えない為だろうか。何が真実かは分からないが時代が変わったこともあり、入閣してもマスコミもアンチファンも絶えないかもしれない。一億総クレーマー時代、非常に生きづらい世の中になった。純粋に能力のある方がチームに入れないのは寂しいし勿体ない。

さて森野がコーチとなり、岩瀬、荒木も兼任。吉見、浅尾、山井も無事残りコーチ候補になりそうな選手を大切にして欲しい。後は野球が好きで好きでたまらない捕手が出てきて欲しい。リードのことばかり考えるような頭脳派、野球がたまらなく好きな人間。ここはスコアラーが優秀になりすぎていることが悪循環となっている気もする。

ところで選手だが遂にビシエド、野本が外野手登録から内野手登録に変わった。遠藤は外野手へ。野本は1試合しか左翼手で出場していなかったので、まぁ仕方ないだろう。一塁ということか。昨季もそうだったが、打撃一本で良いので頼むぞと。数字は残せていないがバットコントロールにはまだ衰えが見えない。左の代打で頑張ってもらいたい。ビシエドはこれで『外野守れるかも』というファンの淡い期待は消えた。フライが下手だからな、まぁ仕方がない。遠藤はまだ内野登録だったのか、開幕スタメンだったのが懐かしい。また活躍する前に年を取ってしまった。

遠藤、野本は私の中ではプロテクト対象外ではあったが開幕1軍には十分役割を持って残れる選手だと思っている。特に遠藤選手。走攻守揃った選手になれるチャンスがある。選手寿命は短いかもしれないが、空いたレフトには外国人でなく遠藤が入ってもらいたい。

福田もいるし、ビシエド以外の外国人要らない気もする。勿論、怪我人が出ない限りだ。


にほんブログ村

Source: 今日から俺はドラゴンズ!!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。