~オリックス・宗、疾駆する の巻~

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 二試合続けて

昨日は大阪、今日は神戸。
オリックスの期待の星・宗佑磨が、今日もグラウンドを駆け巡りました。

昨日と同じく一回裏・二球目。
変化球をきっちりと捉えた打球は三塁線を抜き、ツーベースコース。
と思いきや、
レフトがクッションボールの処理を誤り後逸。
宗は長駆三塁へ、
いやホームへ。

宗、まさかのランニングホームラン

二試合続けての先頭打者本塁打も珍しいならば、
三塁線を抜けてのランニングホームランも稀有。

宗佑磨、
いろいろと楽しませてくれる男です。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 恐ろしや

1点を追う七回には、ライト右へのツーベースを放った宗。
その打球はフェンスに届いたわけではなく、走塁意識の低い打者ならばシングルでもおかしくない当たりでした。

それを、迷いなく一塁を駆け抜け悠々とスタンディングダブルに。

その俊足、恐ろしや

しかもこのツーベース。
左投手を全く苦にせず、フォームも崩されずにフルスイングで捉えたもの。

その打撃も、恐ろしや

大城の犠打で三塁に進んだ後、
小田のセカンドゴロで本塁突入。

送球を潜り抜け、ホーム先着。

同点に追いついたこの一点。
まさしく宗で、宗の足で稼いだものです。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 狂わせる

この場面、
記録上はセカンドのフィルダースチョイスとなりましたが、
そのセカンドは球界屈指の名手・大和
しかも前進守備を敷いていました。

一点を争う試合展開であったとはいえ、
経験豊富な大和が下した判断が、本塁送球
それはもちろん、刺せると見越してのもの。

ビデオで観る限り、間一髪というタイミングでもなく、
ホームに滑り込んだ宗も淡々としていたように、余裕のセーフにもみえました。

名手・大和のコンピューターを狂わせたのは、
想像を超えた宗のスピードです。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 疾駆

今日も送球ミスあり、ルーキー田嶋の足を引っ張った宗。
しかし、
ついさっき卵から孵ったばかりの宗の守備を批判するのは、あまりにも厳しすぎ。

あの身体能力があれば、時間さえもらえればすぐに上達します。
それに、センターが守れなくても、もともと内野ゆえ、そちらは(それなりに)守れます。

ここ数年、
オリックスの悩みの種であった一番バッター

守備位置はともかくとして、
ようやく、走攻守兼ね揃ったふさわしい男が現れました

グラウンドを縦横無尽に疾駆する宗の姿は、
男がみても、
ただただ格好よく。

追伸:田嶋の初登板については明日書きます。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


よろしければ一押しお願いします。

※twitterやっています。フォローしていただければ幸いです。

※お問い合わせはこちらからお願いします。

Copyright © 2018 祈優勝! オリックスバファローズ All Rights Reserved.

Source: 祈優勝! オリックスバファローズ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。