小さくてすばしっこい、マリーンズ。

オギノタカシさん
イチミネくん
カトショー
Y岡田
大木
ミケカズマ
さらに、
ショーゴ中村
ピヨタ
カクナカ
根元…
“小さくて、すばしっこくて、ちょこまか動く” 選手たちがダイヤモンド狭しと駆け回って、相手バッテリーをかく乱して、走って、つないで、点を取る。
大砲不在のマリーンズが、ソフトバンクに勝つための “唯一の” 戦法のはずです。
ところが昨シーズン、現実は・・・
・盗塁78はリーグ3位
 (1位は西武の129。ソフトバンクは73)
・479得点はリーグ最少
ハイ、これでは勝てる訳がありません。
ホームランを30本打つ選手が2人、3人といるなら話は別です。
頼みのツナだったデスパイネは、本人のマリーンズ残留希望の意思とは関係なく、博多のチームにお金を積まれてさらわれました…。
あれから、もう1年。
ならば、そう、走るしかないのです。
石垣島キャンプに臨時走塁コーチとして、イグチさんの走塁の師匠格でもある島田誠氏の招聘が発表されました。
10日間だけのことですが、冒頭で名前をあげた選手たちにミッチリと、そのノウハウを叩き込んでもらいましょう。
もちろん、元祖・“小さくて、すばしっこい” 我らが小坂誠さんもいてくれます。
数年前のマリーンズの一塁コーチ&三塁コーチが元セ・パ盗塁王の、高橋さん&西村さんだった時代がちょっと懐かしいですね。
走れ!マリーンズ
以下、スポニチアネックス原文ママ。
【ロッテ 島田誠氏を春季キャンプ臨時走塁コーチとして招聘 井口監督とは師弟関係】
スポニチアネックス 1/16(火) 16:11配信 
 ロッテは16日、島田誠氏(63)を石垣島春季キャンプ臨時走塁コーチとして招聘(しょうへい)すると発表した。2月1日から10日までチームに帯同する。
 日本ハム、ダイエーで通算1576試合、1504安打、76本塁打、439打点、352盗塁、打率279。97年から06年まで10年間、ダイエー、ソフトバンクで1、2軍の外野守備走塁コーチを務めた。
 96年ドラフト1位でダイエーへ入団した井口監督とは師弟関係にあり、01年は44盗塁で初タイトルへ導き、03年も2度目の盗塁王を獲らせた。
 10年には横浜のヘッドコーチも務めた同氏について、井口監督は「走塁面の強化は今年の大きなテーマです。島田さんは経験豊富な方ですのでスタート、スライディングなどいろいろと走塁面のアドバイスをいただきたいと考えています。選手たちの引き出しを増やすために協力をしていただきたいと思っています」とコメントした。

↓押してくれはったら、嬉しいです。

(当ブログのランキング・ポイントになります。1票よろしくお願いします。)


にほんブログ村


千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ

 


 


 


 


 

Source: 京都発 マリーンズ、沖縄、ロックンロール、なblog

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。