セイバーメトリクス「2番打者は強打者にするべきだぞ」

84a88bf7a5fd9227cf9e1e180ddcc72a

1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/14(水)00:10:19 ID:BqD
セイバー「強打者と言っても長距離打者の事じゃなくて、セイバー的に得点貢献の高い打者の事だぞ」

セイバー「そして強打者と言うのはチーム内での相対的な話だぞ。チームで序列5番目以降の打者を置くべきではないぞ」

セイバー「と言うのも、打順の重要度は1=2=4≧3>5以降だからだぞ」

セイバー「よりいい打者に打席を多く回せば、得点機会が増えるしチーム総打席も増える=必然的に得点が増えるぞ」

セイバー「しいてタイプを挙げるなら出塁率(アウトにならない)と打率が高く(走者進塁力が高い)、併殺になりにくい俊足打者だぞ」

セイバー「層が薄く打線の弱いチームこそ、いい打者は固めて得点効率を上げるべきだぞ」

セイバー「下位打線が弱くなるというが、雑魚打者に一人いい打者を混ぜるメリットより、いい打者の間に雑魚を挟むデメリットの方が大きいぞ」

セイバー「初回バントなんてのは愚の骨頂だぞ。相手投手が強ければ強いほど、安易にアウトを一つ献上するべきではないぞ」

セイバー「犠牲バントによる得点確率の向上が期待できる打者の基準はOPS.600程度、得点期待値の向上基準はOPS.300程度だぞ」


続きを読む

Source: 日刊やきう速報

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。