巨人・菅野、新魔球「高速シンカー」に挑戦

引用元: http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1516146424/

1: 風吹けば名無し 2018/01/17(水) 08:47:04.23 ID:KBgVWU+00
20180116-OHT1I50200-L
巨人の菅野智之投手(28)が、新球・高速シンカーの存在をスポーツ報知に初めて明かした。今オフのテーマの一つに「落ちる球の精度アップ」を掲げて12月中旬から現地で自主トレ。試行錯誤を重ね、ワンシームの「進化版」として、縦に鋭く落ちる新魔球習得に乗り出した。昨年は沢村賞など圧倒的な投球を見せた絶対エースが、さらに進化を遂げる。

 数々のタイトルを獲得しても、菅野に現状維持という考えはない。青空の下で行うキャッチボールの途中、「(新球は)高速シンカーですかね」と握りを披露。
今オフに挑戦する球種を初めて明かした。

 「ワンシームの握りから指を開く(人さし指と中指で挟むように)。ワンシームより曲がり幅があって、落ち幅もある。球速は142~143キロのイメージです」

 ワンシームとは、150キロ超えでシュートしながら不規則に沈み、バットの芯を外す魔球。昨季も右打者内角、左打者外角で威力を発揮した。その「進化版」として開発したのが、より縦に落ちる高速シンカー。「ワンシームは変化球じゃない。まっすぐと同じ(速球)なので、速いシンカーで球速差を出したいなと」。マイナス10キロの緩急で投球の幅はさらに広がる。

63: 風吹けば名無し 2018/01/17(水) 09:13:37.51 ID:ER0r3yWc0
こいつすげえわ

2: 風吹けば名無し 2018/01/17(水) 08:47:28.29 ID:KBgVWU+00
 落ちる系の球種は今オフのテーマの一つだった。ハワイへ出発前、捕手の小林と意見交換。昨年もフォークは投げていたが、「落ちる球の精度がもっと上がればリードしやすいと言っていたし、僕も組み立てやすいと思う。それが新しい球になるのかは模索中」と海を渡った。南の島で貪欲に試行錯誤して生まれた高速シンカーの発想。空振りを奪う球としても期待できる。

 昨オフはWBCを見据えて新球チェンジアップを練習。完成度が低いと感じてシーズンでは封印したが、「無駄ではなかった」と視野が広がる有意義な取り組みだった。今季は直球、ワンシームの「速球系」に加え、カーブ、パワー(高速)カーブ、スライダー、カットボール、フォークに高速シンカーもある。打者からすればマークするものが増え、まさに七色の投球で攻略がより困難になるだろう。

 豊富な変化球は、小細工に走るというわけではない。「軸はストレートです」という不変の信念があるからこそ効果がある。ハワイでは後輩の宮国、中川、桜井、畠らに指導しながら、基本の直球を丁寧に練習。分厚い肉体、力強い球が自主トレの順調さを物語る。

※ 【巨人】菅野、新魔球「高速シンカー」挑戦 更なる高みへワンシームの進化版 : スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/giants/20180116-OHT1T50315.html

3: 風吹けば名無し 2018/01/17(水) 08:48:01.02 ID:KBgVWU+00
第二の金子やね


続きを読む

Source: なんJ PRIDE

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。