涌井残留でも、唐川くん。

1月も真ん中を折り返しましたが、涌井のメジャー移籍についてのニュースは聞こえてきません。
一度はそれを覚悟して、その挑戦を応援しようと決めた我々マリーンズ・ファンにとっても残念なことにもなますが、チーム残留の可能性が高くなってきていることを感じます。
以前にも書きましたが、その場合でも、今年の開幕投手は涌井ではない投手に任せてほしいと考えています。
それは、涌井がどうのということではもちろんなくて、涌井不在を前提に開幕投手争いに名乗りを挙げた先発候補陣の士気を高めるため。
昨年の成績ではチームのエース格となったフタキにも資格は十分あると思いますが、私が押したいのは唐川くん。
2軍に落とされようが、そして浦和で真っ黒に日焼けして帰ってこようが、どうしてもフニャフニャ感が拭いきれず、切羽詰まった気持ちや熱い感情が伝わりきらない印象です。
傷つくことをどこかで恐れて、安全な道を選んでしまいがちな性格のようにも見える唐川くん。
開幕投手をやるなら、今年が最初で最後のチャンスではないかと、私はひそかに思っています。
そして、それをきっかけにひと皮も二皮も向けてもらって、マリンのエース、地元のエースとしての自覚を持ってくれたら、こんなに素晴らしいことはありません。

唐川くんに、このままで終わってほしくはないのです。 

15勝5敗。
それくらいの成績を残す資質は絶対あるはず。
今年は、やろうぜ!
ファイティン!唐川くん

↓押してくれはったら、嬉しいです。

(当ブログのランキング・ポイントになります。1票よろしくお願いします。)


にほんブログ村


千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ

 


 


 


 


 

Source: 京都発 マリーンズ、沖縄、ロックンロール、なblog

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。