2年目18歳ソフトB古谷「指先まで血が通っていないということだった。薬を飲んでやっていこうと決めた」

転載元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1516256825/

201801180003_000

1: 風吹けば名無し 2018/01/18(木) 15:27:05.11 ID:LvWrFnAw0

2年目18歳ソフトB古谷「チャンス逃したくない」 左腕血行障害手術回避

 昨季は高卒1年目にして最終戦で1軍初昇格を果たした。登板機会こそなかったが、大きな期待の表れだ。7月のフレッシュ球宴では優秀選手賞に。ただ昨秋、左手の人さし指と中指に出たしびれが強くなったため病院で精密検査を受けた。「胸郭出口症候群」と診断され、昨年12月に関東地方の病院に検査入院した際には、手術に踏み切るかどうかの判断を迫られた。

 「指先まで血が通っていないということだった。昨年は1軍にも登録された。チャンスを逃したくない。今シーズンやって無理だったら手術も考えるけど、薬を飲んでやっていこうと決めた」

 手術を受けた場合は全治3カ月が見込まれ、大幅な出遅れが確実。手術を回避し、投薬治療でシーズンに向かうことを決断した。年末年始にかけて地元北海道幕別町に戻ると、しっかり着込んでトレーニング。膝上まで雪が積もる中、母校のグラウンドを30周した日もあったという。

以下記事全文
https://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/387212/

ひぇええええええええええええええええええええええええええ

続きを読む

Source: なんじぇいスタジアム

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。