サンドラに大島軍団登場!大丈夫か周平。

サンドラに大島軍団登場!

番組前半は星野監督の追悼特番となったが、後半より軍団登場。そもそも大島軍団なんて存在したのか!

登場したのは大島、松井、遠藤、そして周平だ。
遠藤は外野守備にもう自信があると言い、スタメンを奪うと宣言。松井も昨季何か掴んだものがあるとコメント。大島は打撃でそろそろタイトルが欲しいと目標提示。3人からは目標、課題も具体的で非常にクレバーな印象を受けた。だがこの男は違った。

ライバルは荒木とCM寸前に若狭アナから紹介されると『えっ?』とチャラけた表情を見せ、打撃で荒木に勝つしかないともコメント。荒木からもコメントが届いていたがまぁ素っ気ないものだった。

彼の目標は『野球を楽しむ!!』他の3人も何言ってんだこいつ?と表情に出ていたが、もっと具体的で立派な目標を上げて欲しかった。彼の能力には期待はするが、どうも深く考えているようには思えない。

こんなこと言っちゃダメだが、今回の放送を見る限り周平は3番打者の器ではない。

私自身周平にはかなり期待していた。左の中軸の打者がいない現状、その期待は大きかった。ただ今回久しぶりに姿コメントを見てガッカリした。人間が生きるうえで頭を使わないことなどほとんどなく、ファンサービス、盛り上がると思っての発言かもしれないが、あまりにも浅く感じてしまう。

自分がこの発言をしてファンにどう思われるか、くらいわかって欲しい。残念ながらこんなことすら分からない人間が将来中日を背負っていけるとは思えない。野村監督も良く発言をされているが、いち野球人として以前に、立派な社会人として色々なことを学んでいかないといけない。発言や周囲の人間とのコミュニケーション、これは第一歩だと思う。コーチの言っている意味が分かった発言も案外本気で言ってそう、さらに言うと、分かっていない可能性もある。

入団以降、特別扱いや、周囲からの期待が彼を変えたのかもしれない。この年齢からは変えられないものなのかもしれない。

これをセンスで埋めることが出来るか?非常に不安で仕方がない。
現代野球は情報戦も多く、AIの登場で分析能力が一気に高まるかもしれない、今のままでは生き残るのは難しいかもしれない。


にほんブログ村


Source: 今日から俺はドラゴンズ!!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。