星野監督、勝ちたいんや!

プロ野球界は勿論、各界からコメントが出ていた。記者の方々も皆とっておきのオリジナルエピソードを披露していることから、本当に誰にでも気を配る人だったのだろう。

落合監督の出現もあり、常勝軍団となったチーム。強い監督というよりは見ていて楽しかったという印象になってしまったが、巨人一強のセリーグでドラゴンズを優勝に導いてくれた。第二次政権時には長嶋監督と比べ、どうみても星野監督の方が優秀だろう思っていたが、友人とかなり討論になった覚えもある。

補強、起用で多くの人を動かしチームを優勝に導いた。

阪神監督への就任はドラゴンズファンに取っては寂しいニュースだった。その後五輪の監督を務めることになったが、中日を優勝に導くことと、阪神を優勝に導くことは大きく意味が違うのだなと感じたことを覚えている。もう中日だけではなく、プロ野球界を引っ張っていく存在になったのだなと。

色々な良い話ばかり出るが、私は判定に不服な立浪が審判を突き飛ばし、その後星野、大西が突撃するシーン。あれが今でも衝撃的で忘れられない。怒りを含め、全ての感情をそのまま素直に出す、そんな人間が今はいない気がする。まぁ、そんなことを今の若い人が行えば、国民に叩かれてしまう。1億総クレーマー時代、非常に生きづらい時代だ。

行きづらい反面、各チームは星野監督のような厳しい人物を求め続けた。今の時代に合わないという声もある。

緩い監督の元勢いで優勝する!が最近のトレンドになりつつあるが、新たな常勝軍団の姿とは一体どんなものなのだろうか?

星野の元で育った選手もごく僅かの中日。きっと、たたき上げの選手達を中心とした新チームが将来出来上がるのだろう。目先の勝利も大事だがチームが育てた宝をこれ以上流出させないよう、気を付けて欲しい。


にほんブログ村

Source: 今日から俺はドラゴンズ!!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。