ジョーダンにフラれていた。

ヤクルトはジョーダンに対し7,000万のオファーを出して獲得していたとのこと。昨年の契約時も結構雑な扱いを受けていたが、今回もかと思ったが、少し違ったようだ。

ファンとしては、メンタル強く、闘志むき出しのスタイルの彼は嫌いでは無かったのではないかと思う。連敗ストッパーの印象も強く、今年は特に調子が良いようにも思えた。一時期はローテが揃い過ぎて、中継ぎに回ったこともあった。そんなローテ期間は恐ろしく短かったが。

心情的な話をすると、理にかなった異動ということで、まずはホッとする。しかし、ゲレーロも含め同一リーグに外国人を獲られるのはキツイ。

教育体制が良い企業に就職し、能力が付いたら条件の良い仕事に転職する。まさにお人好し日本企業になっている。さらにアラウホ、ロンドンも失敗したしね。

ただ私は中日の姿勢を評価したい。ジョーダンには残って欲しいが7,000万の価値はない。只々他球団には外国人の給与相場を荒らさないで欲しい、そう願う。ゲレーロも然りだ。

日本のプロ野球はあくまでも日本であり、メジャーでは無い。外国人がドンドン獲りづらくなっている。その分、ソフトバンクは分かりやすい。決して金を使っているから強いのではなく、強いから金を使っている。だから、中日も金を使えば強くなると決して勘違いしてはいけない。

チームが青ざめるほどの給与アップ、選手達には是非そんな活躍を見せてもらいたい。


にほんブログ村

Source: 今日から俺はドラゴンズ!!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。