背番号への愛着

リップサービスも含めているとは思うが、京田が『51』はイチローに譲っても構わないと発言したようだ。

『喜んで渡しますよ』、本人がどれだけ愛着を持っているか、ということもあるが彼は自分の背番号よりも、教科書となる先輩が来ることのメリットが大きいという思いが強いのだろう。

背番号の話で言うと、以前鈴木投手が松坂入団に際し、『日本を代表する投手。取り組む姿勢を見てみたい』とコメントしていたが、背番号に関しては『譲りたくない』というスタンスだった。

それぞれの考え方がある。思いもある。それは仕方がないこと。ただ結果的に剥奪、変更が発生するのは見る側としても気分が悪い。

そう考えると背番号は大切に扱うべきだと思う。扱わないのなら徹底的に扱わない強い意志が必要、だが現実には無理。中日はまさにそれ。

背番号といえば日ハムの清宮選手が『21』となった。他球団が投手へ積極的に与えている番号、新しい21番像を作って欲しいということだった。是非とも中日にも行ってもらいたい。

ただ与えられた選手が活躍してくれれば良い、それだけなのだが。。
すんげぇ高校生、野手で入ってこないかな。ポジション一つ潰してほしい。


にほんブログ村

Source: 今日から俺はドラゴンズ!!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。