あえて言う。勝たなきゃいけなかった

M3-6L

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。

1勝すれば御の字、乗っている西武を止めて勝ち越したのだから1敗は仕方ない?いや、そうは思えないんですよね。勝ちパターン特に内が休めた、福浦にもヒットが出た?それでも勝ちたかった、勝たなきゃいけなかった。この試合は。3タテをかまして、今シーズン、マリーンズは嫌だな厄介だなという苦手意識を植え付けられるチャンスだったのに…ホントもったいない。

毎度毎度の不安定が初回から出る涌井、しかして森ではなくてメヒアが最高の併殺打をかましてくれます。その裏は榎田からアジャが先制打、最高の滑り出しを飾ったゲームでした。ここ2戦の勢いがそのまま出たような滑り出しです。

ここで踏ん張って欲しかった、涌井ですがホント古巣には弱い、森よりどう考えても怖くないはずなのにマリーンズ戦だけは人が変わったように打ちまくる炭谷や、楽天時代から相性の悪かったカズオにいいように打たれます。どうもピリッとしない、降板したところで田中が浅村にドカンと被弾、勝負ありました。最終回に少し意地は見せましたけど、第2戦の逆バージョン。リードを広げられていたのが響きましたね。

もちろん西武、特に打線の地力はマリーンズとは段違いですから、いたしかたない部分はあります。なんせマリーンズは去年に続いてあろうことかDH伊志嶺という暴挙に出ましたからね。左に強いとかドミンゲスがまだまだ状態がよろしくないとか理由はあるのでしょうがそれにしても伊志嶺か…昨年のズンドコ貧打のさなかのDH伊志嶺だった時の絶望感に比べれば大分状況は違うのですが、やっぱり指名打者には格と言うものがあるだろうと。ホント今のうちに手を打ってくれないですかね。ペーニャとは言わないけど誰か連れてきましょうよ…まさかカック復帰を悠長に待てというのでしょうか。

悪いことにハムがソフトバンクの不調の打者陣に火をつけてからこちらに渡す鬼畜ぶり、まあ2試合しかないし移動日で気持ちを切り替えましょう。

読んでいただきありがとうございました。
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ

ブロトピ:野球に関する記事なら何でも
Source: マリ男~ロッテについて考えることは喜びである

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。