野村さんの大きな一言

ノムさん



野村さんの「惜しい、俺より先に逝くなんてとんでもない!」の言葉と表情、
こんな野村さんの鬼気迫るような表情は初めて見た。
そして、この言葉に色々と考えさせられた。
野球は真剣勝負であり、入団するのは東大よりも狭き門。
(ある意味では東大よりも通常の学校よりも楽に入れはする時もあるが)
なので、ここに入っただけで満足している選手が腐る程いる。
それに野村さんは、
「やっぱり今の選手は『おぼっちゃま』ばっかりだから、
その厳しさを知らない、プロ意識が非常に薄い。
それをきっちり教育できるのは星野だ、プロ意識を植え付ける最高の監督ですよ。」

ヤクルトの選手はこの野村さんの話を耳にしても何も感じないし、
感じてもすぐ忘れるし、
単にスルーする普通の出来事なんだろう。
星野さんにしても、野村さんにしても命を懸けて野球にのめり込んだ。
これだけの素晴らしい指導者がいるのに
金さえ稼げば、どうでもよろしいと思っている選手が多すぎる。

野村イズムと星野イズムに通ずる厳しさを継承し、
それを口だけではなく実行できるのは宮本だけ。
ヤクルトの指導者の中だけでなく
日本のプロ野球界の指導者の中でも宮本だけしかできないと思う。
星野さんの死によって偶然ながら
宮本は再度クローズアップされることだろう。

こういうことを言うのは同志たちに失礼ではあるが、
我々は確かにヤクルトが優勝するのを目にしたい。
ただプロの並外れたバッティングや
真似しようとも不可能な守備、
まったく理解できない完璧な捕手のリードを感じることができたら
特に立腹したり、わめいたり、騒いだりすることはない。
極論を言わせてもらうと
常に自身のすべての力を発揮して
「やはりあれだけの高年俸を貰っているだけはある。」
と我々を唸らせてもらいたい。

野村さんのインタビューを見て熱くなった、
優しさと厳しさを素直に感じることができた。
目頭まで熱くなった、
ただもう星野さんの損失を
多大な損失と思っている者は最近のファンにはいないだろう、
踊って、大騒ぎして、席をも「常連だから」と言って抑えまくるファンなんか
今回の星野さんのことを理解しているとはとても思えない。

燕ファンも選手諸君も軽やかにタップ願う。
神道

こちらもタップよろしくである。
神道2

twitter2.png梅造Twitter

Facebook.png梅造イズムFacebook

//blogparts.blogmura.com/pts/js/parts_view.jsparts(978751,”transparent”,”250″,”001eff”,600000,”15″,”700″,”outrank”,”http://blog.livedoor.jp/byezowism/”, 0, 1, “transparent”, “009900”);

Source: 梅造イズム

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。