ドミンゲス、実はイースタン本塁打王。

●イースタン・リーグ マリーンズ 14ー2 ヤクルト(4月13日(金)浦和)
マリーンズ バッテリー
○西野-宮崎-高野-唐川-岩下=吉田-柿沼
マリーンズ 本塁打
ドミンゲス 4号2ラン(1回)  細谷 1号ソロ(3回)
本日4/13(金)のイースタン、ヤクルト戦。
ファームで調整を続けるマット・ドミンゲスが、リーグ単独トップの4号2ランを放ったとのことです。
DSCN7767

何かと情報不足で、悪いのやら、いいのやら、まあまあなのか、よく分からないドミンゲス。
この試合の前、昨日4月12日(木) 現在の成績は、
67打数16安打、打率.239。
2塁打が3。
本塁打も3。
(今日の本塁打で4本目)
打点13。
(今日で18。こちらもリーグ・トップかも)
四死球7、三振15。
打率は決して高くなく、イースタンでも27位。
パワーヒッターではないはずですが、「長打率.418」で打点を荒稼ぎしているこの数字は、マリーンズ現有戦力の中ではやはり魅力的に見えます。

DSCN7855

DSCN7857

DSCN7858

昨日の西武戦でも、イースタンで好調とのイチミネくんを登録して、即スタメン出場。
イグチ・マリーンズの決断力はスピーディー。
となると、来週の平日ゲームあたり、ドミンゲスの昇格もあるかもしれません。
期待のアジャも、本塁打はあれ以来止まっているし、そろそろドミの出番かも。
DSCN7871

ファーストでも、DHでも。
とにかく、4打席あげて、1軍の投手に成れてくれば、面白い存在になり、打線に厚みが増します。
ファイティン!マリーンズ

(写真は石垣島キャンプの紅白戦で撮影。) 

以下、スポニチアネックスより関連部分のみ抜粋。
【ファーム情報 ロッテ14点大勝 ドミンゲスがリーグ単独トップの4号2ラン】
スポニチアネックス 4/13(金) 18:52配信 
 プロ野球のファームは13日、イースタン、ウエスタン両リーグで計4試合が行われた。
 ロッテはヤクルト戦(ロッテ浦和)で打線が15安打を放ち、14―2で大勝。
4番・ドミンゲスがリーグ単独トップの4号2ランなど3安打5打点。
細谷も1号ソロなど3安打2打点だった。
先発・西野は5回2/3を1安打1失点で1勝目(1敗)。
ヤクルト先発・寺島は3回2/3を9安打8失点(自責3)で黒星。

↓押してくれはったら、嬉しいです。

(当ブログのランキング・ポイントになります。1票よろしくお願いします。)


にほんブログ村


千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ

 


 


 


 


 

Source: 京都発 マリーンズ、沖縄、ロックンロール、なblog

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。