スワローズにもトラックマンがやってくる!

ヤクルト球団「ねーねー、トラックマン買ってー!」
ヤクルト本社「よそはよそ、うちはうち」
ヤクルト球団「鷹くんも星くんも、みんな持ってるんだよー」
ヤクルト本社「うちは賃貸だし、あれはとっても高いのよ!」
ヤクルト球団「……がっでよぉおお!でないと、去年みたいに、ペナントレースで、いじめられじゃヴぉおお~~~~(号泣)」
ヤクルト本社「んもう!仕方ないわねえ」

みたいな、小学生の子どもとお母さん的なやりとりがあったか否か。
ついに、神宮球場にも、

トラックマンが、やってくる!

記事によると今年中の導入ということですが、できればシーズンが始まる前に設置を。
データ収集して分析して対策立てて監督・コーチ・選手に下ろすまでに、どのくらいかかるものか。そもそも、押尾と志田が退団してしまった状態で、データ分析できるスタッフはいるのかなど不安が渦巻きますが、ヤクルト球団頑張れ。

衣笠社長体制になってからのヤクルト球団は、「本社の宣伝道具」ではなく「プロの球団経営」を目標にしているようでうれしいです。グッズショップ立ち上げやFCの充実も、ファンを引き付けて収益を上げる大きな要因ですけど、一番の本業である野球がちゃんとしてないとね。

小川・宮本体制も、ここ数年のドラフトも、そしてトラックマンも、2018年すぐに効果が上がってくるものではないですが、2年後3年後にはきっと花咲くに違いない。
その頃にまた、「るーびーかけ」ができることを信じて待ちましょう。次は、石山も参加できるぞ、きっと(笑)。

資金のためにも、微々たるものですが協力しましょう。ヤクルトうまい。
にほんブログ村 野球ブログ 東京ヤクルトスワローズへ
Source: 白猫といっしょ…いや、むしろ白猫の下僕

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。