バトルスタジアムが楽しみになる。

バトルスタジアム放映。

今年の出場選手は大野!木下!そして京田!

2年前に引退し、解説として参加していた山本昌をイジリにイジリ倒しかなり目立っていた大野が面白いのは勿論、『口から生まれたサウスポー』のキャッチコピーが美しすぎた。

昨年はコントロールNo.1。実力と笑いで目立ったが、今年は競技が完全分業になり、投手部門以外では出番なし。とはいえコントロール対決1回戦、目標物をカスって突破するなど、存在感は十分だった。トークコーナーでも腕時計とサインの件で出番は絶えず、菅野による大野の暴露話はエンディングまで引っ張られた。

木下は目立つ部分は無かったが、京田はアスレチックで身体能力の高さを披露。一からバッチリ放映された。最後は山本昌のアドバイスがダメだったと発言、大野に続き昌イジリを実行。

まぁ中日ファンとしては十分楽しめたか。

大野の悪ふざけは練りに練ってふざけている為、ある種立派に思える。半分冗談で言ってはいたが、成績を残せなかったのに番組に出場できたことに感謝しているとのこと。

彼は昨季、規定投球回を投げた。大事な時期に貢献出来なかったのは事実。ただし、継投のさじ加減でもう少し彼の調子を上げることが出来たのではないかと思う。

一時期プロ野球界に左腕先発不足の時期があった、その時は侍JAPANに大野あり!と思ったが、まぁここ数年先発左腕が多く出てきたため選ばれることは無いかもしれない。ただ中日ではまだまだ小笠原には負けていない。まずは大野が軸になること。今の中日投手陣は大野を中心とし若手メンバーが支える、これが理想。

大野にはブレない強さ、エースを目指してほしい。その上で若手投手陣がノビノビ育ってきて欲しい。


にほんブログ村

Source: 今日から俺はドラゴンズ!!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。