ここでバラバラにならないで

M8-9L

ロッテについて考えることは喜びである。意外と平静なマリ男です。

ツイている、ツイていないってありますよね。されど人事をつくして天命を待つしかありません。とことんツイていない上に、ミスで自ら流れを手放してしまったのがマリーンズ、一方、何をやってもラッキーラッキー、ドヤ顔が止まらないのが西武の外崎、という構図の試合でしたね。

問題の8回なんですけどね。アジャが執念で一二塁間を割り、もぎ取った2点で5-3に。さらに押せ押せで清田のライト前の当たりを、この日本塁打を打っている外崎が好捕してガッツポーズ。嫌な予感が漂います。

その裏はシェッパーズがピリッとせず…変わった松永は何と森の止めたバットに当たったドン詰りが内野安打に。いやはやついてないです。それでも益田が起死回生、外崎をゲッツーに打ち取ったと思ったらショーゴが一塁悪送球。ここで止められないのが近年の益田、ガタガタいってしまいました。

ショーゴ…初回に雄星からガツンと先制弾をたたきこみ、勝利の立役者になれるはずでしたが暗転してしまいましたね。アジャも打ったし、さらにはレフト三木かよ、と思っていた三木にも会心の一打が出ました。しかしこれまたついてない、好投のボルシンガーが打球直撃で交代。変わった大谷が外崎に同点弾を食らったあたりでかなり雲行きが怪しくなりましたね。なんせ8点あってもひっくり返す強打線ですからねえ。

戦犯のショーゴを吊し上げるのは簡単ですし、大いに反省はしてもらいましょう。鳥越コーチもかなり怖い顔でしたから、こってり絞ってくれることでしょう。ただこれで野手と投手の信頼関係が壊れるようなことは絶対に避けなくてはなりません。野手が打ってもリードをすぐ吐き出し、投手が打ち取っても手痛いエラーで台無しに。ホントやってられない、やるせない試合であったのは間違いないです。確かに西武は強いし勢いではどう考えても大差があります。先日の柳田ドヤムランに続いて、二度と見返したくないような気分の悪い試合ではありましたが、ここでギクシャクしてチームがバラバラになって、ズルズルいってしまっては去年の二の舞です。

第2戦、何としても勝ちましょう。圧勝しましょう。相手が多和田だろうと誰だろうと関係ない、ギッタギタのボッコボコにして溜飲を下げましょう。なんせ8点でも心もとないですから10点取りましょう。酒居は他の打者には少々打たれてもいいから外崎だけは絶対に抑えて!それぐらいの気概で臨んで欲しいと思います。

もちろん選手だけでなく采配を振るう井口さんにも何らかの手は打ってもらいたいです。思うところがあっての李、それから福浦さんのDH起用なのでしょうが正直そろそろ限界でしょう。ドミぺゲを上げるか、どうせ出番がないんですから平沢でもいいのではないでしょうか。打順やメンバーを我慢して極力固めるのは賛成ですが、DHという明確な穴がある以上、手遅れになる前に他のカードも試してほしいと思います。

読んでいただきありがとうございました。
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ

ブロトピ:野球に関する記事なら何でも
Source: マリ男~ロッテについて考えることは喜びである

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。