選手まとめ2017(答え合わせ編)野手陣④

ラストです。
選手ごとに冒頭が1月に書いたもののコピペ。
矢印以降が今回のコメントです。

●福田●
肩の故障が結構重症だったようで、ようやくチャッチボール再開とか。
昨年ある程度の階段を登れて本当に良かった。
しっかりと故障を直して開幕を目指せばいい立場にはなれましたから。
森監督も外野はもうやらせないと明言しているので、打って打って打つしかありません。
ドラゴンズの顔になって、自慢をさせて下さい(笑)
今年は右方向へのホームランも見たいですね。

→もう語る必要が無くなってきました。
 30本がノルマです。

●松井佑●
一昨年のチャンスを逃したところで個人的にはもう期待はしぼみました。
野本のところでちょっと触れたように、打てる球が限られる打ち方。
いわゆるボールを点でしか捉えられないタイプ。
守備も足もまずまずで体も強く、どうやら性格的にも中心になれそうな選手だけにもったいないですね。。
さすがにもうここまできて打撃が変わるとは思えませんが、もし化ければ長年活躍できる器だと思います。
ちょいちょい上げる半端な起用法だけはもうやめて欲しいですね。
昨年2塁打2本打った次の試合で使われないのはさすがに可哀そうでした。

→しぼんだ期待が再び膨らんできた今年。
 変わるとは思えなかった打撃が構えで右ひじを上げるだけであら不思議!
 あとは上記の通り。

●工藤●
控えにいてくれたら本当に助かるタイプ。
大島しかセンターがいないドラゴンズにとってはなおさら。
ただ、この人に頼っている=他が出てきていないということですよね。

→今年も貴重な存在でした。
 
●堂上●
ようやくポジションを掴んだ昨年。
一昨年もナオミチが出た時期は勝ってたと思いますが・・・
やはり守備力は大事です。
同じく守備の良い新人が今年は加わった刺激で打つ方でもさらに結果を出して欲しいですね。
飛ばす力はあるのですから。

→不遇ではありましたが、そこを跳ね返す力が無かったのも確か。
 やっぱり打つ方を何とか・・・

●ビシエド●
技術的には言いたいことはたくさんありますが、それでも春は結果を出していたので、
今年は慣れという部分をプラスにして、良い結果を出し続けてくれることを願います。
キャンプ以降、絶対に書きたくなると思うのでこの辺にしておきます(^-^;

→突っ込む打ち方で今年も調子の波が大きい。
 そして突っ込む打ち方で死球の危険も高い。
 悪い面が出てしまいました。
 やはりこの人が1年打ってくれないと浮上はありません。

●近藤●
以前、個別で記事にしました。
http://blog.livedoor.jp/gomegomes/archives/67927028.html
動画は見られなくなっていますね(^-^;

→後半にちょっとだけ出て昨年同様力は見せました。
 チャンスをもっともらうには2軍で無双しないといけません。

●赤田●
ちゃんと見たことがないので何とも言えません(^-^;

→退団

●赤坂●
昨年は飛躍の年にしたかったものの故障で棒に振りました。
故障前も全くバットが振り切れておらず、明らかにおかしくなっていました。
故障とスイングが治ってくれないとこのままフェードアウトでしょう。
一昨年の打席での投手との駆け引きや勝負強さは目を見張るものがあったので復活して欲しいですが、、

→そのままでした。
 デビュー戦(投手)を生で見た選手だったのでなおさら残念。

●谷●
代打ではまずまずの数字を残しましたが、守備や小技で粗さを見せ、
その影響もあるのか、スタメンになると結果が出ません。
代打となると、今年はゲレーロの加入でスタメンから溢れる選手も出てくるのでなかなか枠は無いでしょう。
下で圧倒的な数字を残してうまく使ってもらえるかどうかでしょう。

→今年も同じ印象。
 こうなったら代打一本で生きていくか?
 でも切り札には弱いか・・・

●藤吉●
すいません、全く分かりません(^-^;

→退団。

●渡辺●
一本足打法で鋭いスイングから、下でまずまずの数字を残した1年目。
なかなか気持ちも強そうな選手なので期待はあります。
まずはウエスタンでのさらなる活躍を。

→今年もまずまず。
 ウインターリーグでもホームランを何本か打ったようです。
 ただ、外野手なので支配下枠を獲得する壁は高いです。
 もっと圧倒的な数字が欲しいところ。


Source: ゴメ竜(中日ドラゴンズ狂のブログ)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。