選手まとめ2017(答え合わせ編)野手陣②


選手ごとに冒頭が1月に書いたもののコピペ。
矢印以降が今回のコメントです。

●大島●
大前提として、全試合出場にGグラブ賞受賞はお見事。
守り、攻撃両面でチームの中心です。
だからこそもっともっと期待しているし、大島に対する愚痴も多くなります(^-^;
足は速いけど盗塁が上手くない。記録に現れない走塁も上手くない。
ヒット数は多いけど、出塁率は高くない。(大島.348福田.346)
守備範囲は広いけど、肩が弱い。
色々と言いたくなってしまいますが、出塁率の点は何とかしてほしい。
安打数リーグ2位で出塁率18位はあまりにもアンバランス。
今年も目標を安打数で定めているようですが、1番打者は出塁率ですよ!
というわけで、私は1番は平田推しです。
こうやって長くなるのも期待しているからこそ。
また今後も何かと書いてしまうと思うのでこの辺にします(笑)

→死球による骨折で離脱したものの、今年も野手の中心でした。
3番になったことで、打つことに集中して良かったと思います。
批判の方が目立つ印象ですが、私は3番大島賛成派です。
というか、1,2番大島反対派です。
器用な打撃ができるけど、考えちゃいけないのが大島です。
送りバントなんてもってのほか。
で、打率.313(3位)の出塁率.365(12位)。うーん、、、
昨年よりは良いですが、印象程ではありませんね(;^_^A
そして、得点圏でもよく打ちましたが打点29。
この数字を見せられてしまうと、3番も確かに合いませんね。
理想は6番か8番。
もちろん来年もチームを引っ張って欲しいですが、気になるのは守備。
あまり指標というものに詳しくはないのですが、どうやら一気に悪化したそうで。
大島の守備範囲が狭まるとなると、投手陣への影響は大です。
衰えではないことを祈ります。

●石川●
強打のセカンドとして期待は大きかったのですが・・・
手首をコネるスイングなのでプロ相手ではどうしてもインコースで詰まらされます。
昨年、だいぶその癖が矯正されたようですが、躍進とまではいきませんでした。
そして、故障が多いのも難点です。

→今年もなかなか上がってこれませんでした。
ただ、最後の最後にアピールできて光は見えました。
ハマスタ観戦記で書いた通り、応援したくなる存在になったので、
厳しい状況ではありますが、頑張ってほしいですね。

●遠藤●
昨年最も期待を裏切った野手の1人。
守備の不安が打撃にも影響してしまったのか、1年目のスケールの大きいスイングができず。
セカンドにコンバートされ、なかなかセカンドらしい動きになってきたと思ったら抹消。
友永のところでも書きましたが、やはり起用法も迷走した感が否めません。
本人も希望して今年は外野をやるそうなので、良い方向へ進むことを願ってます。
どう見たってこの判断は遅すぎですが、もう仕方がないので今年が勝負です。

→外野へコンバートされ、センターもこなしてセンスを見せてくれました。
やっぱりセンスがあるし、ワクワク感を持たせてくれる選手です。
が、結果が出ません、、、
年齢的にもう後が無いですが、引き続き期待します。
ちょっと日ハムに行くんじゃないかとビクビクしています(;^_^A

●井領●
1年目のキャンプを見てから期待し続けてきましたが、結果は出ず。
昨年終盤に我慢して使われてようやく良さを出し始めました。
数試合に1打席ではどうしても焦ってしまいますが、それにしても何でもかんでも振り過ぎでした。
プロ初アーチはその何でもかんでもがハマった感もありますが、高めのストレートを見事に叩いたもの。
スイングスピードが無ければできない芸当です。
残念ながら秋期キャンプで故障してしまったようですが、遠藤と共に今年が勝負です。

→この選手も引き続き期待です。
森野コーチが名前を挙げたのでその期待はさらに膨らんでいます。

●野本●
下で打ちまくり、その状態のまま代打の切り札的存在に。
しかし続かなかった・・・(;´д`)
やはりスイングの軌道から打てるポイントが少ないのが問題かと。
松井佑もそうなのですが、捕手目線だと打ち取り方がイメージしやすい選手。
絶好調で上がってきた直後はそのイメージを超えて左中間にも大きな打球を飛ばしていました。
今更スイングを変えることは不可能なので、その状態を維持してもらうしかありません。
つまり、厳しいかなと(^-^;

→松井佑は構えを変えて良くなりました。
と、松井佑の話題だけで終わります(;^_^A

●木下●
キャッチング、肩には定評があり、プロ初アーチも記録。
ルーキーとしてはまずまずでしょうが、捕手はまずまずではいけません。
結果、スタメンマスクを被った試合で勝てなかったのも印象が良くありません。
杉山との正捕手争いを制すには2年目でも圧倒しなくてはなりません。
打撃の評価が秋期キャンプでグイグイ上がっていたようなので、
まずは分かりやすい打撃で結果を出して試合に出て勝っていければ。

→圧倒どころか・・・
やはり捕手はなかなか出てくるものではありません。
だから大野を獲得するのです。

●石岡●
故障で出遅れたものの、下ではかなりアピールできていた選手。
ウインタリーグでも良さは見せて、何より森監督の評価が高いのが注目点。
個人的には色んな面で荒々し過ぎる印象ですが(^-^;
走塁死が激烈に多いですが、足が速いのは大きな長所。
ドラゴンズの弱点は進塁の少なさだと森脇新コーチも指摘したようなので、
とにかく足の速い選手は重視されることが予想されます。
振れて走れる魅力のある選手なのは間違いありません。
キャンプ、オープン戦でどういう結果を出すのか注目してます。

→オープン戦で脱落。
そのままシーズンも下で結果を出せませんでした。
失敗も勉強だ!で走塁死が多いのかと思ってましたが、
秋のフェニックスでも相変わらずだったのでもう走塁が下手なのでしょう(笑)



Source: ゴメ竜(中日ドラゴンズ狂のブログ)

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。