もうひとりの新外国人投手獲得はあるのか?その2 ドリュー・ハッチソン投手

笠井投手が加わると、支配下登録選手は67人となります。普通に考えれば補強は完了でしょう。

しかし、まだどこかに、もうひとり投手が欲しいと思う気持ちが残っています。それもバックアップ的な選手でなく、先発ならローテーションの柱に、リリーフならセットアッパーになるぐらいでなければ、意味がありません。そういう気持ちがあるので、この前は結局巨人に入団したヤングマン投手に期待を持ってしまいましたが、今またしても根拠が薄弱な噂に、惑わされそうになっています。

ドリュー・ハッチソン投手です。ブルージェイズで2015年には開幕投手もつとめた投手で、最近の2年間はなかなかメジャーでは活躍できていませんが、その実績は申し分ありません。昨秋にパイレーツから自由契約となり、いまだに去就が決まっていないのですが、ハッチソン投手の代理人がツイッターでベイスターズとの契約をほのめかしたという噂です。立場的には、昨年のクライン投手ぐらいの年俸で、日本に来ることが十分考えられる投手です。

ヤングマン投手で懲りているはずなのに、ついつられてしまいます。 やはり優勝を目指すなら、もう一押し、球団にその気の補強を見せて欲しいという気持ちが、どこかにあるのでしょう。

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズ

Source: YOKOHAMA lover

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。