最下位にドンドン近づいていくヤクルト

デブ

燕・小川監督、ベテラン特別扱いなし 畠山らを「早い段階から実戦に」

ヤクルト・小川淳司監督(60)が22日、
神宮のクラブハウスで、川端、畠山、雄平に
春季キャンプの早い時期から実戦出場を積ませる方針を明かした。

「川端、畠山はブランクがある。
早い段階から実戦を積ましていこうと考えている。
雄平もしかり。自主トレは万全と聞いている」

川端は昨年8月に椎間板ヘルニアの手術を受けたが、
ノックや打撃練習ができるまでに回復。
左膝裏の肉離れで昨年4月下旬以降の出場がなかった畠山、
7月に右有鉤骨骨折の手術を受けた雄平は、
戸田球場などで通常メニューの練習をこなしている。

小川監督は、初の対外試合となる2月15日の韓国ハンファ戦への出場を示唆。
「(状態が)上がってこなければ宮崎(2軍)に行かすことも考えている」
と念を押したが「技術的なものは心配していない」と信頼を寄せた。 

(サンケイスポーツ 2018.1.23 05:01)
http://www.sanspo.com/baseball/news/20180123/swa18012305010002-n1.html

今年はとりあえずチームの立て直しの年なので
最下位だろうが別に構いはしないが
この地蔵から「特別扱いはしない」という言葉が出た時点で
ああ… 今年も終わったかなと。
そもそもほとんどアテにもならない畠山や川端を
一軍キャンプに入れるだけで特別扱いだ。
まあ一応今までの実績を踏まえた形で決断したのだろうが
この言葉だけは出してもらいたくなかった。
それに「自主トレは万全と聞いている」だと?
ということはだ、
自分の目では一切見ていないし
最初から一軍キャンプ入りは決定していたということだと解釈する。
そもそも監督に「お前は万全か?」と選手が聞かれたら、
「全然あきまへんわ」とか、
「やめといたほうがええと思います」って誰が言うものか。
またそれを堂々と書くカス新聞社、
今年もくだらない1年となってしまうのか?

⬇︎燕ファンも選手諸君も軽やかにタップ願う。
女性

⬇︎こちらもタップよろしくである。
女性3

twitter2.png梅造Twitter

Facebook.png梅造イズムFacebook

//blogparts.blogmura.com/pts/js/parts_view.jsparts(978751,”transparent”,”250″,”001eff”,600000,”15″,”700″,”outrank”,”http://blog.livedoor.jp/byezowism/”, 0, 1, “transparent”, “009900”);

Source: 梅造イズム

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。