新しいワタナベは、防御率2.18。

1軍初登板が内定していながら、雨天中止ゲームのあおりでそれがお預けになっていた、ドラ5ルーキー・渡邉啓太。
仕切り直しで、ようやく明日5/17(木)のオリックス戦の予告先発に名前を連ねて、デビューが決定しました。
イースタンでは、ローテを守り、7試合で3勝3敗、防御率2.18。
33イニングスを投げて、打者129人に対して、被安打23、被本塁打3、失点10、自責点8。
奪三振26で、なんといっても与四球がたったの4というのが素晴らしいです。
コントロール抜群で、四球で崩れることなく、ピンチの場面でも三振が取れる。
野手にもリズムが生まれて、チームを乗せていける投球が期待出来そう。
最速147㎞のまっすぐと、スライダーとツーシーム。
先発陣が崩れつつあるマリーンズに、新しい風を吹かせてほしいところです。
マリーンズの、新しいワタナベ。
ファイティン!ケータ
ファイティン!マリーンズ
以下、各紙報道 原文ママ。
【ロッテ ドラ5渡辺、17日オリ戦でプロ初登板初勝利へ「丁寧に投げたい」】
スポーツ報知 5/16(水) 15:52配信 
 ロッテのドラフト5位・渡辺啓太投手(24)が17日のオリックス戦(ZOZO)でプロ初登板初先発する。前日16日に本拠地で調整した右腕は「一人、一人、丁寧に投げていきたい。初登板で初勝利? 一番はそうなることがいいですね」とプロ1勝を思い描いた。
 NTT東日本出身の即戦力ルーキーは開幕1軍こそ逃したものの、ファームのローテーションに定着。イースタン・リーグ7試合で3勝3敗、防御率2・18をマークした安定感から今回のチャンスが巡ってきた。「緊張しています。気持ちが高ぶるというか、楽しみとか色々な気持ちがあります」と初々しい表情を見せた。
【ロッテ渡辺啓太、初登板へ「気持ちの高ぶり感じる」】
日刊スポーツ 5/16(水) 15:47配信 
 ロッテのドラフト5位、渡辺啓太投手(24=NTT東日本)が17日、本拠地オリックス戦でプロ初登板初先発を迎える。
 1軍公式戦デビューを控えた16日、ZOZOマリンで調整を行った。もともとは12日の西武戦に先発予定だったが、9日の楽天戦が雨天中止になった影響でローテーションが変更。イースタン・リーグではここまで7試合に投げて3勝3敗、防御率2・18と安定した成績を残している。
 「自分が持っている以上のことはできない。1人1人、丁寧に投げていければ。緊張というか、気持ちの高ぶりは感じます」と話し、オリックス打線については「1発がある。低めに気を付けたい」と警戒した。

↓押してくれはったら、嬉しいです。

(当ブログのランキング・ポイントになります。1票よろしくお願いします。)


にほんブログ村


千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ

 


 


 


 


 

Source: 京都発 マリーンズ、沖縄、ロックンロール、なblog

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。