阪神タイガース 選手名鑑2018 投手編④

みなさんいつもごらん頂きありがとうございます!

前回に引き続きラ米のトラ的選手名鑑第4弾です。背番号順に書いていたのですが、ルーキー谷岡を忘れていたので、谷岡からはじめます・・・

 

#34 谷川昌希

①右右 ②175cm/76kg ③26歳 ④2017年5位 ⑤1年 ⑥筑陽学園-東京農大-九州三菱自動車 ⑦出場なし

2017年ドラフト5位で九州三菱自動車から入団。最速149km/hの直球と多彩な変化球、制球力が武器。

アマチュア時代は侍ジャパン代表に選出され先発でフル回転、日本選手権では3完投含む5連投をこなすなどスタミナ面でも評価される。

映像を見た感じでは先発時のものだったからか、直球、変化球、制球ともまとまってはいるが目を見張るものがなかったのだが、上記フル回転時の投球とあれば仕方なかったのかもしれず、リリーフ時の球威はもっと上がるとのことなので、高齢化が心配されるリリーフ陣に一石を投じてほしい。

田中スカウトからは「権藤・権藤・雨・権藤」ならぬ「谷川・谷川・谷川・谷川」、「理想は久保田」とされているが、間違えても久保田のように酷使し選手生命を短くするようなことは避けてほしい(泣)。

来年26歳となるオールドルーキーなので一年目からの活躍が期待される。まずはそのタフネスさを生かしビハインドリリーフから存在感を出していってほしい。

管理人はロッテ2位の藤岡を指名してほしかったのだが、実は日本選手権で藤岡にサヨナラホームランを浴びたのは谷岡であった・・・・是非プロで見返してほしい。

 

#38 マルコス・マテオ

①右右 ②188cm/107kg ③34歳 ④2016年外国人 ⑤3年 ⑥カブス-パドレス ⑦63試合7勝4敗36H0S / 防御率: 2.75 / WHIP: 1.12 / KK/9: 9.46 / B/9: 2.59

虎のパパイヤ鈴木。阪神中継ぎ60試合登板クインテットの一員。身長188cmと長身投手ながら、画面で見る限りはそうは見えない。大きな頭と体で相手打者の遠近感を狂わせ、常時150km/h超の直球とお化けスライダーを武器に虎のセットアッパーの座に君臨する。

2016年は開幕直後から活躍を続けていたものの、シーズン序盤も序盤の331日のヤクルト戦に3イニング投げさせ、翌4月1日は能見が9回まで好投したものの、ピンチでマテオを投入することができずサヨナラ負けと、多くのファンが金本監督の経験の浅さと香田投手コーチの浅はかな采配に涙した。この疲労の影響もあってか、失点を重ね二軍落ち。再登録後は実に安定した成績を残し、一年目は50試合登板、1勝3敗20セーブ・防御率1.80を記録。

二年目の2017年はストッパーのドリスが安定したパフォーマンスを残したことから、セットアッパーに定着。シーズン序盤こそ左打者に3割近くの被打率を浴びるなど、不安定な面も除かせたが、腰の張りによる1度の登録抹消のみでシーズンを通し活躍し、63試合の登板で43HPを記録し、同僚の桑原とともに最優秀中継ぎ投手のタイトルを分け合った。

この投手は調子がいいときは手もつけられない投球をするものの、時々先頭打者を四球で出し崩れる、自らのエラーにより崩れる等、もろい面も持っている。特にマツダスタジアムのマウンドが合わない且つ、ランナーを出した後の揺さぶりにも弱く、広島戦の防御率が12試合で6.00と最早出さないほうがいいレベル。

安定感でいうと高橋・桑原に劣る為、これだけ充実した救援陣がいる中、判で押したように8回にマテオを登板させずに、相性も考えて高橋・桑原・石崎・球児・岩崎を8回で使う等、今年はもう少し柔軟に起用方法を考えて欲しい。

いずれにせよ、60試合登板投手が5人なんて正直素晴らしくもなんともなく、先発投手陣が悲惨な状況なだけだと思うので、この素晴らしい中継ぎ陣を長持ちさせるためにも、先発陣には奮起願いたい。

 

#40 福永春吾

①右左 ②185cm/90kg ③24歳 ④2016年6位 ⑤2年 ⑥金光大阪-クラーク記念国際-06Bulls-徳島インディゴソックス ⑦1試合0勝0敗0H0S / 防御率: 11.25 / WHIP: 3.25 / KK/9: 6.75 / B/9: 6.75

2016年ドラフト6位入団。なかなかの苦労人で、金光大阪高校時代は二度にわたる疲労骨折で中退、転校先には野球部がなく一度は野球から遠ざかったが、諦めきれずに関西独立リーグの06Bullsに入団。その後よりレベルの高い四国アイランドリーグのトライアウトに合格し、2015年には同リーグの奪三振タイトルを獲得するもドラフト指名掛からず。翌年も二年連続で奪三振タイトルを獲得し、念願のプロ野球入りを果たす。その様子はテレビでも放送されており、それまでの苦労もあり涙ながらの入団となった。

プロ入り後はファームで先発起用されると安定した成績を残し、登板予定の横山が怪我をしたことに伴い(横山怪我ケアしろ!)、広島戦先発の白羽の矢が当たる。しかしながら、極度の緊張からか持ち味のストレートが走らず、味方の拙守もあり4回を投げ10安打6失点とほろ苦いデビューとなった。その後チームは伝説の9点逆転劇を遂げた為、福永の苦いピッチングはさほどファンの記憶には残らなかった。その後は二軍で先発・中継ぎ両方で起用され、5勝5敗防御率3.47とドラフト下位指名の一年目としてはまずまずの成績。

ラ米の虎としては正直ドラフト上位指名のプロスペクト先発候補はかなり揃いつつあるので、先発・中継ぎと二兎を追い中途半端になるのではなく、奪三振能力も高いので中継ぎ一本に起用を絞り、力のある直球を武器に同タイプの久保田型のセットアッパーを目指して欲しいと思っている。

 

#41 高橋聡文

①左左 ②176cm/86kg ③35歳 ④2015年F/A ⑤3年 ⑥高岡第一-中日ドラゴンズ ⑦61試合6勝0敗20H1S / 防御率: 1.70 / WHIP: 0.90 / KK/9: 9.63 / B/9: 2.64

阪神中継ぎ60試合登板クインテットの一員。2015年オフにフリーエージェントで阪神に移籍。

中日黄金時代の若い頃は、雨後のたけのこのように出てくる中継ぎの一員として、左殺しの名を欲しいがままにしたが、2010年を境に怪我の影響もあり成績が低迷。2013年以降はそれなりに登板はしたものの、勝ちパターンとしての起用ではなく球団からの評価も低く、他球団の話も聞いて見たいと2015年にFA宣言、阪神への移籍を決断する。

移籍後の2016年はシーズンを通じ一軍帯同し、54試合登板で20ホールドを記録。翌年の2017年も故障や不調で離脱することなく、シーズンを通じ一軍帯同し、61試合登板、20ホールドを記録し、2008年以来のセーブも記録するなど大車輪の活躍。特にランナーを背負った場面でのリリーフ登板に強く、得点圏での被打率はなんと.087。桑原とともに、6/7回で突然崩れだす先発陣の介護を一手に担った。

正直移籍時は、すでに33歳ということもあり、左のワンポイントになればいいくらいかなと思っていたが、見事な復活振りで、今や阪神の中継ぎ勝ちパターンにはなくてはならない存在。中日ファンの説明も、怪我が多くシーズン通じての活躍は無理、投球の活きはよく奪三振能力は高いが反面コントロールを乱すことも多い、怪我と年齢で直球もかつての威力はない、ということだったが・・・・本当に来てくれてありがとうございます!

阪神の中継ぎ陣は優秀なのだが、回途中でランナーを背負った場面で登板させると乱れる投手も多く(ドリス・マテオ・球児)、本当の意味で火消しをしてくれる、桑原と高橋は本当に貴重な存在。

二年連続50試合登板で来年35歳の年と流石に疲れと衰えがきてもおかしくない年だが、体のケアに気をつけ引き続きがんばってほしい。首脳陣は高橋が怪我がちだということは決して忘れずに、大事に起用するように!後、後釜も必要な年なのだから、近いうちにやはり奪三振能力の高い岩崎をしっかりこのポジションに引き上げて欲しく思う

 

#42 竹安大知

①右右 ②183cm/80kg ③24歳 ④2015年3位 ⑤3年 ⑥伊東商-熊本ゴールデンラークス ⑦1試合1勝0敗0H0S / 防御率: 0.00 / WHIP: 0.00 / KK/9: 9.00 / B/9: 0.00

2015年ドラフト3位で入団。スカウトは九州担当の田中秀太で、アマチュア時代にトミー・ジョン手術を受けており、ドラフト指名時はまともに投球ができる状態ではなかったが、秀太の「来年は上位じゃないと指名できない」の一言で、比較的上位のドラフト3位での指名となった。

当時の報道によるとオリックスも興味を示していたので前倒しの指名のように見えてしまったが、その指名順位ではまだ楽天/茂木が残っていたため二位坂本とともに、なんでやねんと思ってしまったのを今でも覚えている。

秀太の言葉は正直半信半疑に思っていたが、一年目の2016年はほぼリハビリに時間を費やしたものの、二年目の2017年より二軍のローテーションに入ると、シーズン終盤には一軍初登板。救援で1イニング三者凡退に抑えると、その裏にチームが逆転したことにより初登板初勝利を果たした。

パワーピッチャーが多くなってきた阪神において、150km/hまでは出ないが非常に球持ちがよく伸びのあるストレートを投げる。直球・変化球ともに制球も比較的安定しており、もう一皮スケールアップできれば将来が非常に楽しみ。現在の阪神は、打者を圧倒する直球や変化球を投げるものの、制球やフィールディングに問題があり一人相撲する若手投手が多くいつもハラハラさせられるので、秋山とともに安心して見ていられる投手に育つことを期待している。まずは二軍のローテーションを守りつつ、ローテ6番手や谷間の登板機会を狙って欲しい。

下柳の背番号42を背負ってしまったがために、入団時に「秀太スカウトから『グラブは投げるもんじゃない、大切にしろと』と言われた教えをしっかり守りたい」と発言し、秀太のささやかな復讐の手助けをさせられた。

 

お知らせ

なお、2018年1月15日をもって元々このブログを配信していたYahoo/スポーツナビ+さんの閉鎖に伴い、スポーツナビ+側での更新のお知らせができなくなります。

多くの方が、同サービス経由で移転後もご覧いただいていると思いますが、今後は以下の方法で更新のお知らせをすることになります。

皆さんにご覧頂くことだけがブログを継続していくモチベーションになりますので、是非皆様も本サイトアクセス方法のお引越しをご検討いただけますと大変うれしく思います。

他のブロガーさんたちの素晴らしい記事も配信されていますので、是非ご検討下さい!

 

1.直接ブックマーク

一番簡単な方法は、直接本サイトをブックマークいただく事ですので、是非皆様のPC・スマホのブックマークリストに加えてやってもらえると大変うれしく思います。

ラテンアメリカの虎 – 阪神タイガース応援ブログ –

 

2.はてなブックマーク(無料):

はてなブックマークをお持ちの方は、読者になって頂くことで、更新のお知らせを受け取ることができます。無料で登録できるので結構便利です。なお、はてなブックマークでブックマーク頂くと、はてなブログの方にも記事が紹介されよりアクセスしやすくなりますので、アカウントお持ちの方はご協力いただけますと大変助かります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

3.Twitter

以下Twitterで更新のたびにお知らせいたしますのでフォローお願いいたします!最新記事は固定ツイートにおいてありますが、更新のお知らせは皆さんのTwitterの中でどんどん下に埋もれていってしまうかもです・・・・

twitter.com

4.にほんブログ村:野球ブログ>阪神タイガース

以下サイトに行くと、阪神タイガース関係のブログのランキングから最新記事にアクセスできます。なるべくランキングの上のほうに入れるようにがんばりますので皆さん投票ご協力お願いいたします!

阪神タイガース 人気ブログランキング IN順 – 野球ブログ村

 

5.人気ブログランキング:スポーツ>野球>阪神タイガース

同様に、以下サイトに行くと、阪神タイガース関係のブログのランキングから最新記事にアクセスできます。こちらも、なるべくランキングの上のほうに入れるようにがんばりますので皆さん投票ご協力お願いいたします!

阪神タイガース | 野球 – 人気ブログランキング
 

他にも更新をお知らせするメールマガジンの配信等も考えていますが、もしよいアイデアがある方や、こうしてくれるとありがたいのようなご意見がありましたら、どんどんお寄せ下さいますと大変助かります!

コメント欄に残すのが恥ずかしい、個別にメールしたいという方は、以下お問い合わせフォームよりお願いいたします!

お問い合わせ

 

本日もご覧頂きありがとうございました!

Source: ラテンアメリカの虎

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。