3球で3点を取り逆転し、東投手の粘投と新勝利の方程式で勝つ 

ルーキーながら今やベイスターズのエースと言っても過言ではない東投手が、雨で試合中止になった昨日からのスライド登板でした。立ち上がりこそ宮﨑選手のフィルダースチョイスも絡んで1点取られましたし、好調大島選手にホームランは打たれましたが、決して絶好調ではない中で、粘り強く6回を2失点で抑えました。

初回の平田選手のタイムリーヒットは高く浮いた失投でしたし、3回も大島選手のホームランは、普段は左打者には投げないチェンジアップを打たれたものでした。東投手のチェンジアップは、右打者の外角に投げると逃げながら落ちて最高の武器になりますが、左打者に対しては中に入ってきて打ちやすい球になることがあるので、戸柱捕手も嶺井捕手も、左打者には東投手にチェンジアップをまず要求しません。何かデータがあるのか、戸柱捕手が1球、嶺井捕手が2球、阪神の糸原選手にだけはチェンジアップを要求しているのが、唯一の例外でした。先日の試合から絶好調となっている大島選手にチェンジアップは、配給ミスでしょう。

東投手は左打者に対しては、まず左腕としてはトップクラスのストレートと、これもかなり良いスライダーがあります。石田投手が左打者へのスライダーがイマイチで、砂田投手が右打者へのチェンジアップあるいはシンカーが苦手であるように、どちらかが良いとどちらかがもう一つということが多いですが、東投手はチェンジアップとスライダーの両方が一級品という、稀有な左腕投手です。

それはともかく、点を失っても味方の反撃を信じて粘り強く投げられるのは、好投手の証です。初回も3回も、その後続いたピンチは切り抜けたし、2回の一死満塁でも点が入らず、4回の先頭が出塁しても東投手自らの送りバント失敗で併殺、5回はソト選手がせっかく相手エラーで出塁したのに、ロペス選手のフライで飛び出して併殺と、味方がチャンスをことごとく潰しても、全く心が折れることがありませんでした。メンタルもかなり強いです。

唯一の欠点は、大学時代はDH制で全くバッティングをやっていなかったせいもあるでしょう、打撃です。タイムリーを打てとは言いませんが、送りバントはもうすこしうまくなって欲しいとは思います。でも本当に、それが唯一の欠点です。

ベイスターズの得点は、結局3回のソト選手ヒット、ロペス選手同点ツーランホームラン、筒香選手の特大の逆転ホームラン、いずれも初球を打ったもので、たった3球で入れた3点だけでした。

中日はビシエド選手が絶好調で、平田選手もアルモンテ選手も好調、そこに大島選手も好調になってきて、油断できない打線になっていますが、そのたった1点のリードを、エスコバー、三上、山﨑投手の新勝利の方程式が守りきりました。

エスコバー投手は今季は変化球も改善しましたが、相乗効果かストレートも力を増して、特に今日は絶好調のビシエド選手との対戦で、ストレートを3球続け、最後は高めのつり球155キロのストレートで空振り三振に仕留めたのが凄かった。社会人時代それで頭角を現してプロ入りし、ルーキーの時も全投球の半分がその球を占めて武器になっていたサイドスローからの動くストレートを完全に捨てた、ニュー三上投手も無失点です。山﨑投手はもう貫禄です。特に絶好調でない日であっても、たった1点しかないリードを守り切ります。

解説の田淵さんは、強いチームはこういう勝ち方もできなければならないと言い、評論家の江本さんはもっと(点を入れて)突き放さないとダメだと言っていたそうですが、相手の吉見投手だって良かったのですから、私は田淵さんに賛成です。時には打線が爆発し、時には投手が守りきる、いろいろな勝ち方ができなければ、優勝できません。

応援クリックいただければ幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村

Source: YOKOHAMA lover

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。