急転直下、逆転勝利!(18/5/25 vsM)

この日は神戸でのロッテ戦でした。

ロッテは前回サヨナラ勝ちということで、非常に勢いがある状態でした。

両軍の先発は今季初登板初先発の松葉投手と涌井投手でした。

キャンプではいいアピールができていましたが枠の関係でなかなかチャンスがなかった松葉投手。

ここは好投して好印象を残したいところでしたが、その気持ちが力みとなったか、なかなか制球が定まらず、ボールが先行し、中途半端に行った球をしっかり打たれてしまうシーンが続きました。

松葉投手は3回で4失点し、ノックアウト・・・。

一方の涌井投手は余裕綽々といった感じで、3回まではヒットを許さぬ好投ぶりでした。

4回にはロメロ選手がサードゴロに倒れる間に1点を返しましたが、直後の5回表に2番手でマウンドに上がっていた吉田一将投手が犠飛で1点を失い、試合は完全にロッテに持っていかれるムードでした。

しかし、野球というのは何が起こるかわからないもので。

5回裏にいきなり風向きが変わりました。

バファローズは5回裏、安達選手・大城選手が連打で無死一、二塁のチャンスを作ると、続く若月選手が送りバントを成功させ、一死二、三塁にしました。

珍しくバントがうまくいきました。

いや、こんなこといっちゃいけないのかもしれませんが、失敗の方を圧倒的に多く見ている印象なので、うまく行くと「おおおー・・・」ってなります。

つづく打席には宮崎選手。

ここで変に気負って凡退すると流れが止まりかねなかったのですが、宮崎選手はよく粘って、8球目に四球を選んで一死満塁としました。

この四球が大きかったですね。

満塁はピンチでおなじみのバファローズですが、今日はこの流れをものにしました。

つづく西野選手が・・・


走者一掃!!

これで一気に3点を返すと、さらに吉田正尚選手の犠飛で1点返して、一気に同点にすることに成功しました。

これで涌井投手は降板かと思ったのですが、中継ぎ陣を温存したいらしく、井口監督は動きませんでした。

ここで中継ぎにシフトされていたら仕切り直しって感じになるところでしたので、バファローズとしてはまた追い風になる起用だったと思います。

6回裏には二死から安達選手がヒットで出塁するとすかさず盗塁を決め、大城選手が・・・


勝ち越し!!

足を絡めた見事な勝ち越し劇でした。

これですっかり流れをつかんだバファローズ、7回裏には一死一、二塁からロメロ選手と小谷野選手の連打で3点取り、ここまでで9点を取る猛攻を見せました。

中盤以降、あれよあれよという間に流れがバファローズに行く様には野球というものの面白さを通り越して怖さを感じます。

6回表、8回表には澤田投手と山本投手がそれぞれピンチを背負いましたが、いずれもゼロで凌げたのも大きかったです。

最後は増井投手がきっちり締めて、

9-5

逆転勝利!!

いやー勝ててよかった。

本当に急に流れが変わりましたね…。壇ノ浦かここは・・・。

松葉投手にとっては残念な試合になりましたが、チームとしてはいい勝ち方になったと思います。大きな1勝でした。

打つ方も11安打で9得点と効率よく点を取ることができました。

一軍昇格以降スキを見てはチャンスを貰う後藤選手になかなかヒットが出ないのがもどかしいですが、この日に関しては四球を選んでいるのでOKとし、明日以降なんとか食らいついて存在感を示してくれと期待したいと思います。

お読みいただきありがとうございます。
お気に召しましたらクリック(タップ)をお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加 !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:’https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’);
{lang: ‘ja’}


Source: オリックスバファローズ観察日記

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。