~オリックス、打つも守れず の巻~

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

3得点も

昨日の逆転勝利で、借金を再び1に減らしたオリックス。
しかし、
とりあえずの目標である、交流戦前の借金完済のためには、一敗も許されない状況は変わらず。

オリックスの先発は、3連敗中の山岡泰輔
山岡が投げる土曜日の試合は3試合連続で完封負け
山岡と言えば無援護が代名詞も、その無援護も程が過ぎ。

結果から言えば、3得点。
それなりには野手陣も頑張ってくれました。

しかし、
その野手陣が、今度は守りで山岡の足を引っ張り…。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

守れずに敗れる

初回、大城のエラーが先制点に結びつき、
五回、記録上はヒットも、楽天戦に続きまたも西野が悪送球で走者を許し、ここから大量点に結びつく。

どちらも大事な先頭打者。
ワンアウトと安堵した直後にノーアウトのランナーを許すのは、投手にとってなかなかの厳しさ。

打てずに敗れるよりも、守れずに負ける方が、
チームとしてのダメージは大きく。

しかしながら…。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

踏ん張ってもらいたかった

正直、山岡に踏ん張ってもらいたかった

初回は仕方ないとはいえ、
五回は二死までもっていって、三番・中村にストレートが抜けて死球とを与え自らピンチを広げ
角中、ドミンゲスに甘く入ったストレートを狙われ、長打を食らって4失点

実際のところ、
切所でもうひと踏ん張りができないのが、山岡に勝ちがつかない一つの要因であることは間違いなく、
二年目といえど期待度が大きい選手ゆえに、
ファンの目も厳しくもなります。

いくら野手のミスに足を引っ張られたとはいえ。

一球一球の球は文句ないだけに…。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

いけそうな気がしただけに

3点差に迫った六回、小谷野の会心の当たりが左中間を抜けていれば。
八、九回は先頭打者がヒットで出るも、
八回は宮崎がボール球に手を出し、
九回はロメロの中途半端なバッティングでチャンスを潰す。

4点差を二日続けてひっくり返すというマジックは起きず。

失点直後の宮崎の本塁打と小谷野の勝ち越し打でいけそうな気がしただけに、
もったいない一敗となりました。

明日の先発は田嶋。
京都に、再びの阪急ブレーブス見参
交流戦前最後の一戦、
勇猛果敢に戦えば、勝利はついてくるはずです。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


よろしければ一押しお願いします。

※twitterやっています。フォローしていただければ幸いです。

※お問い合わせはこちらからお願いします。

Copyright © 2018 祈優勝! オリックスバファローズ All Rights Reserved.

Source: 祈優勝! オリックスバファローズ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。