3安打で勝ち越し!(18/5/27 vsM)

この日は京都に移っての対ロッテ戦。

阪急の復刻ユニホームを着用しての試合であり、交流戦前最後の試合でもありました。

先発は田嶋投手と土肥投手でした。

すっと点を取って楽になりたいバファローズは、初回、早速吉田正尚選手のホームランで2点を先制しました!


Amazing!

明らかなボール球ですが、目いっぱい角度をつけてスタンドへ。

初回から田嶋投手を力強く援護しました。

一方の田嶋投手、ズバズバ三振を取るものの四球も多く、走者を許すものの要所で粘る投球を披露し、ロッテ打線と対峙していました。

しかし、4回表、ドミンゲス選手に2ランを浴びてしまい、同点に追いつかれてしまいました。

それにしても、やたらにドミンゲス選手に打たれるなぁ。

これで試合は振り出しに。

バファローズは土肥投手にうまくかわされてしまい、初回以降ヒットもまともに出ない状態でした。

いかん、これはいかんぞ。

最終的に勝ち越されるパターンの奴が頭をよぎる展開でした。

事実、5回以降は毎回得点圏にランナーを置いてしまう苦しい展開が続きました。

しかし、6回で降板した田嶋投手以降、黒木・山本・増井各投手が粘って失点させませんでした。

6回表にはT-岡田選手のこの守備!

バックも必死に盛り立てています。

なんとか投手陣の頑張りに応えたい打線は、8回裏、この回登板したシェッパーズ投手から2者連続四球を選んでチャンスを作ると、吉田正尚選手!


勝ち越しタイムリー!

この日チーム3本目のヒットが決勝点になりました。

3-2

辛勝

3安打でも勝てるときは勝てるんだなぁ。

吉田正尚選手が2安打1本塁打3打点と、一人で何とかしてくれた感がありますが、先述の岡田選手の守備や、しぶとく四球を選んでチャンスを作る姿勢など、チーム全体でもぎ取った勝利であると思います。

とはいえ、投手陣はほんとによく粘ってくれました。普通なら負けている流れでした。

ロッテからすれば、この日の負けは痛かったでしょうね・・・。

これで交流戦前すべての試合が終了しました。

現状借金1で4位。3位のソフトバンクとは0.5ゲーム差の位置につけています。

首位・西武の山賊打線が失速し、開幕前は一番不確定要素の多かった日本ハムが猛追しています。

3位のソフトバンクは故障者が続出し、特に投手陣の立ち回りが苦しくなっています。

下をみますと、ロッテが近い位置で競っています。また、楽天がなかなか状態が上がらずゲーム差をもって最下位に沈んでいる状態です。

楽天と首位とは10.5ゲーム差で、その間に各チームが散らばっている状態です。

うん、いいぞ!

面白くなってきたと思います。

少なくとも、上と下との間に越えられない壁のようなゲーム差がない分、どのチームも油断ができません。もちろん我らがバファローズについても、まだまだ期待していいと思います。

鍵は打線の奮起です。

もうずーっとこれです。

投手陣がバタバタと崩れてしまう前に、今まで頑張ってもらった分を返す活躍をしてほしいです。

例年、交流戦ではそこそこ打てていますから、ここでしっかり打って、調子をつけてくれたらなぁ、なんて。

明日以降も、楽しみにしたいと思います。

※お知らせ

いつも当ブログをご愛読くださり、ありがとうございます。

さて、先日お伝えしました通り、異動に伴う環境変化に対応するため、当ブログの更新は、当面の間、不定期とさせていただきます。

楽しみにしていてくださる方には申し訳ございません。ご理解いただきますようお願い申し上げます。


お読みいただきありがとうございます。
お気に召しましたらクリック(タップ)をお願いします。
にほんブログ村 野球ブログ オリックスバファローズへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加 !function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)?’http’:’https’;if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+’://platform.twitter.com/widgets.js’;fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, ‘script’, ‘twitter-wjs’);
{lang: ‘ja’}


Source: オリックスバファローズ観察日記

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。