~オリックス・西、エースへの道 の巻~

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 西勇輝

オリックス・西が25日、大阪・舞洲BSの室内練習場で自主トレを公開。10年目を迎えた27歳は、若手のリーダーとしての自覚を口にした。

このオフは恒例の巨人・菅野らとのハワイ自主トレに近藤大らも招待。「後輩を連れていくことになり、いままで以上にしっかりしないという自覚が出た。自分の年が引っ張っていかないといけない」と気合。

左手大菱形骨からのリハビリも順調で「いい意味でトレーニング期間を長くできた。いい状態がキープできている感じが自分でも分かる」と意気込んだ。(スポニチ)

連続二桁勝利も3年で途切れた西勇輝
不慮の骨折で離脱したとはいえ、それがなくても二桁には達していなかったでしょう。

プロ4年目にノーヒットノーラン。
プロ6年目には開幕から8連勝。

どこまで成長していくかと大きく期待し、
オリックスの次期エースは西だと誰もが思っていたものの、
その期待に応える、圧倒的な数字を残せていません。

そんななか、山岡が台頭し、山本という大器も控える。

次期エースの座も危うくなってきました。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 西世代

金子に一目置いている感のある西。
愛くるしい表情のせいもあり、弟的雰囲気のある選手ですが、
同じプロとして、もっと金子にライバル意識を持ってもらいたいところ。

そんな西から「自分の年が引っ張っていかないといけない」との発言が。

現在27歳の西勇輝。
一つ上に、吉田一将、東明大貴がいて、
同級生が、松葉貴大、金田和之、赤間謙。
一個下が、近藤大亮、山田修義となります。

近藤を除いて、いまひとつ殻を破り切れない選手が多い印象。

働き盛りのこの世代の停滞が、
チームのいまを物語っている気がします。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 責任感

不振による二軍落ちもあり、昨年は内容・結果ともにいまひとつでしたが、
人間性の成長を伺わせる場面もありました。

8月22日の日本ハム戦の初回、ライナーが左手首に直撃。
左手大菱形骨を骨折していたにもかかわらず、1イニングを投げ切りました。
西の辛抱の甲斐あってか、
その後中継ぎ陣が踏ん張りチームは3連勝を飾りました。

西が痛みを我慢し、中継ぎ陣の負担を考えマウンドに戻ったおかげで、
2回から登板した金田の準備が整い、
金田はその後の3イニングを無失点に抑え、移籍後初勝利をあげることに。

責任感こそが人間を成長させる鍵。

エースの必須条件である責任感は、既に備えています
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 オリックスのエース・西勇輝

今季中のFA取得が確実視される西。

複数年契約も、選手・フロント両方合意の下で行わず、
もしかすると、
オリックスのユニフォームをまとった西がみられるのは今季限りとなる可能性もあります。

そこは選手の権利であり、こちらがどうこう言うことではありませんが、
一度でいいから、
エースと呼ばれる西に姿がみてみたい。

オリックスのエース・西勇輝

それができる、
そうなるべきピッチャーだと、思っています。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


よろしければ一押しお願いします。

※twitterやっています。フォローしていただければ幸いです。

※お問い合わせはこちらからお願いします。

Copyright © 2018 祈優勝! オリックスバファローズ All Rights Reserved.

Source: 祈優勝! オリックスバファローズ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。