~オリックス、菅野を崩せず の巻~

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

小田の好走塁

一回裏、
昨日に続いて一番に入った小田が詰まりながらもレフト前に運ぶと、
勝手知ったる我が家、打球のバウンドを計算に入れて一気に二塁を陥れる

この好走塁を、吉田正尚がライト前への痛烈なヒットで活かし、
あっという間に、欲しかった先制点を奪取したオリックス。

しかし、
終わってみればこの一点のみ。
球界のエース・菅野を崩すことはできませんでした。

いくつかチャンスをつくるも、
ピンチになるとギアを上げてくる菅野の粘り。

自主トレをともにする西に、最も学んでほしいところ。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

躊躇

好投手相手には、少しのミスも許されません。

吉田が即座に取り返したものの、初回無死二塁からの西野の犠打失敗
四回、一死二塁で若月のセンター前の際、三進を一瞬躊躇した福田
スタートきれていれば、福田の足であれば本塁突入も十分勝負できました(ただ、その前のセーフティバントはお見事の一言)。

ロメロ、小谷野、Tが菅野に翻弄され、
まともに戦えたのは吉田正尚のみ。

だからこそ、
相手ミスも重なった四回の攻撃は特にもったいなかった。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

バックドア

しかし、菅野智之
実績が表す通り素晴らしいピッチャーでした。

もっとも効果的だったのは、左打者へのバックドア
いまパリーグで、バックドアを狙って投げられる投手は皆無でしょう。
それだけ制球力に自信があるということ。

また、右打者への横滑りのスライダーは変化幅も大きく、伊藤智仁を想起させました。

敵ながら天晴。
そりゃ打てんと幾たびつぶやいたことか。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

吉田正尚 vs 菅野智之

その難敵・菅野に唯一引けをとらなかったのが、吉田正尚

全く臆すことなく菅野に対峙し、
3打数2安打1打点

菅野のオーラに飲まれることもなく、
どちらかというと(オリックスファンの私からみると)菅野よりも吉田の方にオーラを感じたほど。

吉田正尚vs菅野智之
高次元の素晴らしい一騎打ちでした。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

「自分がまだ一軍で投げられるところを証明したかった」

菅野相手に接戦に持ち込めたのは、オリックス先発・ディクソンの好投があったから。
そこは否定できません。

ナックルカーブも低めにきっちりと落とせていましたが、
それ以上によかったのがストレート
キレ・球威・球速ともに今季最高の出来でした。

四回、そのストレートを巨人の両外国人に打たれましたが、
いずれも高く入ったもの。
同じ球でも、日本人相手であれば長打になることはなかったでしょう。
それくらいストレートに力がありました。

交代後、「自分がまだ一軍で投げられるところを証明したかった」と語っていたディクソン。
しっかりと証明できました。

次回登板が楽しみになる、ディクソンの投球でした。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

問題は黒木

1-1の七回から、そのディクソンに代えて黒木を投入した福良。

六回、外野に大きい当たりをされていたことに加え、
突然崩れるディクソンの悪癖を不安視してのものでしょう。

この交代は、仕方ないかなと思います。

問題は代わった黒木のピッチング。
先頭打者へのフォアボールで、球場内に嫌な空気が充満。

次打者の陽が送ってワンアウト貰えればと思っていたところ、
巨人ベンチは強攻策に出て成功、無死二三塁。
犠飛と、二死からの坂本の適時打で勝負あり。

犠打ならば取られても一点だったでしょう。
ゲッツーのリスクを恐れずに打たせたことで、巨人にとって虎の子の三点目を得ることができ、勝負を決めました。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

再び

惜しい試合でしたが、あと一点が遠く。
菅野が代わってからが勝負と思っていたものの、その時点で二点差では厳しく。

これで交流戦の勝敗も五分になり、
再び借金生活に

明日の先発は山岡。
相手は田口。
高校三年夏、甲子園を賭けた広島大会決勝以来の再戦

そのときは再試合で山岡が投げ勝ちましたが、果たして。

勝ち星から遠ざかる山岡にとって、
いいきっかけとなる可能性を秘めた、田口との投げ合いです。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


よろしければ一押しお願いします。

※twitterやっています。フォローしていただければ幸いです。

※お問い合わせはこちらからお願いします。

Copyright © 2018 祈優勝! オリックスバファローズ All Rights Reserved.

Source: 祈優勝! オリックスバファローズ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。