幕張の松井秀喜からバリーボンズ

ロッテについて考えることは喜びである。マリ男です。

ドラ1安田、最近はバリーボンズをイメージして打撃に取り組んでいるという報道がありましたね。目標は松井秀喜選手、という話だった入団時。いや、どっちも凄い選手なんですけれども。

正直今のマリーンズの日本人選手には、「こいつは一発があるぞ」と相手に警戒させるような選手は皆無と言って良いでしょう。兎にも角にも、長らく幕張にいないスラッガーとして期待されていることは間違いありません。そこらへんは当人も育てる球団側も描いているイメージは同じはず、あとはどう近づいてゆくかです。

いきなりの華々しい活躍なんて期待はしませんから、とにかくスケールの大きい選手に、今のパリーグで言えば柳田でしょうか、体格やイメージ的には同じ履正社のT岡田かな。いずれにしてもギリギリに飛び込むんじゃなくて打った瞬間に行ったぞと分かるような、エグイ打球を飛ばす男になってほしい。金森コーチ、お願いします。でっかく育てて!

読んでいただきありがとうございました。
にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

千葉ロッテマリーンズ ブログランキングへ

ブロトピ:野球に関する記事なら何でも
Source: マリ男~ロッテについて考えることは喜びである

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。