~オリックス・伏見、延長十二回サヨナラヒット! の巻~

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

最後の矢・伏見寅威

近藤が昨日の汚名返上とばかりの、気迫あふれるピッチングで抑えて迎えた、十二回裏。

左投手の池田を送った巨人。
しかし、先頭の福田が左を苦にせず、セカンドのグラブをわずかに超えるライト前ヒットで出塁し無死一塁。
安達バントで一打サヨナラの機会をつくり、
二番・山崎に、一本目の矢・西野を送った福良。

西野の対左投手の今季打率は2-2で10割。
しかし結果は出ず、ツーアウト。

追い込まれたオリックス。

続く三番・後藤のところで、
最後の矢・伏見寅威を投入。
巨人ベンチにはサイドの田原が残っていましたが、次打者が吉田ということもあってか続投。

さあ、舞台は整いました。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

サヨナラ打

低めのスライダー二球であっという間に追い込まれた伏見。
しかし、三・四球目の同じスライダーにはバットを出さず。

裏をかいてインコースへのストレートを選んだ巨人バッテリーでしたが、
そこを逃さず、バット一閃、
しっかりと捉えた伏見の打球は、前進守備のレフトの頭上を遥かに越えて、劇的なサヨナラ打

4時間越えの熱戦に、伏見が終止符を打ちました。

今季三度目のサヨナラ勝ち。
一つ目は大城、
二つ目は日本ハムのミス、
そして三つ目は伏見。

脇役と呼ばれる選手たちがヒーローになる。

チームの底力がついてきた証しでしょう。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

山岡 vs 田口

山岡vs田口
瀬戸内・山岡、広島新庄・田口。
高校三年夏広島大会決勝以来の再戦。

延長15回を投げ0-0で引き分け。
休養日挟んでの再戦は1-0で山岡の勝利。
瀬戸内高校が甲子園出場を決めました。

右の山岡、左の田口。
この両者、セットで構えた際、ベンチ前でキャッチボールを行う相手が目に入ります。
現代っ子らしく淡々としていながらも、気にしないはずがなく。

この感慨と刺激がより作用したのは田口で、
低めにスライダーを集め、迫力不足のオリックス打線を翻弄します。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

西村、吉田正尚、小谷野の3連打

四回まで、田口の前にノーヒットに抑えられたオリックス。
五回に2本、
六回に西村、吉田正尚、小谷野の3連打で同点に追いつき、田口を引きずり降ろします。

球数100球超えるも、田口まだまだ余力十分にみえましたが、
昨年の状態にない田口に、巨人ベンチの信頼はないようで。

この交代はオリックスにとって吉と思ったのもつかの間、
打てる気配がまったくないロメロが、ストレートを見逃し、ボール球のフォークに手を出し三振とかなり重症な内容のバッティングで相手投手を助けます。

四番降格で今日は六番のロメロ。
明日はTと入れ替わっての七番でしょうか。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

粘って粘って

対する山岡。

四球で自らの首を絞め、
失策で首を絞められるも、
粘って粘ってなんとか6回を1点で凌ぎました。

シーズン序盤に比べるとボールのキレがいささか落ちたような印象ですが、
要所を凌いだ今日のピッチング。

またしても勝ちは付かなかったものの、このような粘りをみせてくれれば、
近いうちに白星を手にしてくれるでしょう。
もちろん、沈む打線の援護が必要ですが。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

山本登板も…

相手エラーで貰った一点を守るため、八回、満を持して山本が登板。
しかし、
コントロール定まらず、先頭に四球を与え、
四番・岡本を詰まらせながらもライト前に落とされて同点に。

キレのあるフォークとカットで抑え込みましたが、
ここまでストレートが暴れる山本はオープン戦のロッテ戦で観て以来。

私的にはよく一点で抑えてくれたと思うほどの内容でした。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

リリーフ陣のおかげ

打線に期待できないオリックス。

以降は投手陣が辛抱する時間。
九回は増井
ストレート中心の攻めが奏功し、回跨いで十回もマウンドに。
怖い坂本、岡本も直球で抑えきります。

十一回は吉田一将
フライボールピッチャー×外国人で不安でしたが、
ストレート、フォークをアウトローに集め、味方のエラーも帳消しに。
素晴らしいピッチングでした。

そして十二回の近藤は上述した通り。

この勝利、リリーフ陣のおかげでもあります。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

福田周平

三番にルーキーの西村を起用するなど、野手陣は低調。
しかも、
対左というだけで山足、西村のルーキーを二・三番に並べたのは反省点。

しかし、代打の一番手として登場し、そのままセカンドに入った福田のバッティングはお見事でした。
昨日は自らの特徴を生かしてのセーフティーで菅野を揺さぶり、今日はバットで。
ギリギリまでボールを引き寄せ、上からボールを強く叩くバッティングスタイルで、結果を残しています。

打席に立つたびに成長が窺える福田周平
足もあり、もっと使っていきたい選手です。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

6年ぶりの京セラでの巨人戦勝利

十二回、
ツーアウト、
ツーストライク。

土壇場で手にした勝利

4年前同じ京セラで、
ツーアウト、
ツーストライクから、
馬原が亀井に本塁打を打たれ、土壇場で敗れた試合を思い出しました。

思い起こせば、その日は金子が九回ノーヒットのピッチングを披露してくれていました。

6年ぶりの京セラでの巨人戦勝利で、
借金は再び0に。

打撃陣を見渡す限り、
これからも一進一退の戦いが続きそうですが、
とても大きな一勝になる予感がする、今日の劇的なサヨナラ勝ちでした。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


よろしければ一押しお願いします。

※twitterやっています。フォローしていただければ幸いです。

※お問い合わせはこちらからお願いします。

Copyright © 2018 祈優勝! オリックスバファローズ All Rights Reserved.

Source: 祈優勝! オリックスバファローズ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。