~オリックス・アルバース、ハーラートップの7勝目! の巻~

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

投手戦

雨中の甲子園。
オリックス・アルバース、阪神・メッセンジャーと両外国人投手の先発。

どちらもチームの勝ち頭で、
アルバースはリーグ防御率4位、メッセンジャーは同1位
加えて、両チームの打線を鑑みれば、
投手戦となるは必定

となると、重要になるのは先制点。
それを手にしたのは、オリックス。

ヒットの福田、フォアボールのマレーロを塁に置いて、
五番・小谷野がメッセンジャーの内角ストレートを引っ張ってレフトへのエンタイトルツーベース

小谷野の当たりがフェンスを越えたときには、一塁走者のマレーロは三塁近くまで来ており、
フィールド内に落ちていれば、二点目も入っていました。

しかし、その不運に動じるアルバースではなく。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

アルバース

そのアルバース
今日も球速以上にストレートにキレがあり、初見の阪神打線は初回三者連続三振

あいかわらずのテンポのよさと制球力で、三回まで被安打1の好投。

しかし、四回。
左三人にツーシーム、スライダーを捉えられ、あっという間の3連打で逆転を許します。
左打者のアウトローに決まるスライダーが、吸い込まれるように真ん中付近に集まりました。

続く右打者二人には若月の要求通りに内を攻め切り、糸井を牽制で殺し、追加点は許さず。

二点で凌ぎ、反撃を待ちます。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

連弾

五回表。
一番からの攻撃もツーアウト。
期待が萎んだところで出た、吉田正尚の同点弾

バットの先、
しかも泳ぎながらも上手くすくって、滞空時間の長い打球がライトスタンドに着弾。

パワーというより技術の一発

続く四番・マレーロ
こちらは外寄りの変化球を強引に引っ張って、弾丸ライナーでレフトスタンドに

ファームに落ちる前は外寄りの変化球を追っかけまくっていたマレーロ。
今日は、メッセンジャーの大きなカーブを耐える姿が多くみられました。

三・四番の連弾で、一気の再逆転

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

分岐点

その裏、五回の阪神の攻撃がこのゲームの分岐点でした。

大山ツーベースに犠打で、一死三塁の同点のピンチ。
代打北條が初球にセーフティースクイズを仕掛けるも、打球はアルバースの正面。
しかしここで焦ったアルバース
ボールが手につかずエラーで、自ら傷口を広げる結果に。

一死一三塁となったところで足の速い梅田。
ゲッツーは難しく、となると欲しいのは三振。
ここでもしつこく内を攻め続け、結果外へのストレートを空振り三振
やはりアルバースのストレートは力があります。

続く糸原を左飛に打ち取り、
アルバース、
点を取ってもらった直後のイニングを0に抑え、勝利を呼び込みました。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ハーラートップ

その後は、黒木、山本、増井と繋いでゲームセット

これでアルバースは7勝目
パリーグハーラートップに並びました。

6回2/3を投げ、今日も無四球
K/BBは、規定投球回数到達者の中で、楽天・岸に次いでリーグ2位の6.13。
数字上も一流投手。

素晴らしい左腕(と素晴らしい救援陣)に、今日も拍手です。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

徹底

打線は3点しか取れなかったものの、
防御率1点台のメッセンジャー相手ですから、よくやったと言える方。

クリーンアップ以外の選手が初球バントの構えを見せてメッセンジャーを揺さぶり(特に福田)、
きわどい球には手を出さず(特に福田)、
一球でも多く球数を投げさせ(特に福田)。

それがチームの方針として徹底されていました。

その結果が、
5回でメッセンジャーに100球を投げさせ、早いイニングでの降板に繋がりました。

チーム一貫しての攻撃は、今季初めて観るような気がします。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

3-2

八番・若月の二度の犠打失敗は論外。
ただ根底を言えば、次打者が九番の投手にも関わらず八番打者に送らせる采配が疑問(DHのないセの試合ではよくみられる光景ですが)。

しかしそれでも勝って、これで交流戦5勝2敗
そして、3連勝
さらには、その3連勝すべて3-2と、一点差ゲームを制す

一点差ゲームを取るか取らぬかで大きく変わると、宮内オーナーが依然語っていましたが、まさにその通り。

この偶然なる符合。
偶然で片付けるものではなく、チーム全員で一点を取りにいき、一点を守り抜いた結果といえるでしょう。

貯金は今季初めての2
素晴らしいゲームが続いています。
//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});


よろしければ一押しお願いします。

※twitterやっています。フォローしていただければ幸いです。

※お問い合わせはこちらからお願いします。

Copyright © 2018 祈優勝! オリックスバファローズ All Rights Reserved.

Source: 祈優勝! オリックスバファローズ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。