【戦評】 原辰徳さんが「千賀級」と絶賛! 坂本、マギーねじ伏せた!楽天・古川プロ初勝利の力投!~2018年6月5日○楽天イーグルス4-1巨人

連敗止めた古川のプロ初勝利


◎コテコテの巨人ファンがナベツネ教を脱会し、東北楽天ゴールデンイーグルスに一目惚れしたその理由

待望のプロ初勝利は、楽天球団史上初の巨人戦!
試合後、ヒーローインタビューに呼ばれた古川の万感の思いこもった開口一番は、じつに印象的だった。

初回から全力で飛ばした古川は98球の熱投を披露した。

三者凡退は2回1イニングだけ。
初回は1番・陽にフェンス直撃二塁打を浴び、いきなりの無死2塁ピンチ。
ほぼ毎回ランナーを背負いながらも、よく集中していた。
5回を1失点に抑えるピッチングに、生涯、巨人をライバルにしてきた天国の闘将もきっと喜んだはずだ。

6回からの継投作戦も機能した。
走者を出す場面も多かったが、宋、池田、松井、ハーマンと「勝利の方程式」が必死の防戦。
古川に記念球を運びたい!その一心だっただろう。

ただ、8回はハラハラドキドキの裕樹劇場。
松井が2四球を出して1死2,1塁、打席に1番・陽を迎えたが、この日最も欲しい場面でゲッツーを取ることができた。

打線は効率の良い4得点だ。
巨人の8安打に対し、楽天はたったの3安打である。

巨人戦通算打率.379のウィーラー、東京ドームでは通算打率.419と気を吐いた銀次はノーヒット。
この2人を筆頭に多くの打者が軒並み無音を貫くなか、田中と茂木が快音轟かせている。

茂木は4/26ロッテ戦(●E0-1M)以来の2番スタメン.
0-0の3回、5/4西武戦(●E5-6L)以来のホームランが飛び出し、この左中間への一発が先制決勝弾になった。

この回は山口が足元のバランスを崩し、先頭・嶋にストレートの四球を与えていた。
その後、2者が三振に倒れて2死1塁。
茂木も2球で0-2と追い込まれ、「貰ったチャンス」がしぼみかけていく瞬間だったのだ。

そのなか、勝負はフルカウントにもつれこんでいく。

最後はフォアボールを出すのを嫌いストライクゾーンに投げ込んできた山口のスプリットを捉えた。
追い込まれてもコツンと当てにいかず、持ち味のフルスイングで応戦できた点が、貴重な2得点を生んだ。

今季2度めの1番に座った背番号25は、2戦連続のマルチヒット。
5/26ソフトバンク戦(●E3-4H)から続く連続ヒットを「8」に伸ばしている。

1本目は自身初になる初回先頭打者初球安打。
コースに逆らわない素直な逆方向へのヒットになった。

2本目は終盤8回、好投・山口俊をKOに追い込んだ右前タイムリーで相手の闘志をくじく価値大の一打だった。
というのは、この回、山口は2四球で1死2,1塁、打席に田中を迎えた場面で斎藤コーチがマウンドに行き叱咤激励をした直後に打ち砕いたのだ。

しかも、2-2勝負で低め誘い球にくらいついた当たり。
一塁手、二塁手がともに横っ飛びした1,2塁間を、しぶとくこじ空けた。

その後、火消しに出てきた池田、谷岡がともに地に足つかずの投球でバタバタし、四球や暴投を連発したのも、田中の一打が相手に効いた何よりの証なのだ。

このゲーム、楽天の安打数よりも敵軍ヒットのほうが5本以上多い今季14試合での初勝利(1勝13敗)になり、安打数よりも得点のほうが多かった今シーズン唯一のゲームになっている。

これでチーム成績は6位、53試合18勝34敗1分の勝率.346、借金16へ。

ゲーム差は1位・西武と14.0、2位・日本ハムと12.5、3位・ソフトバンクと10.5、4位・オリックスと9.0、5位・ロッテと7.0になっている。

(下記へつづく)

両軍のスタメン

楽天=1番・田中(中)、2番・茂木(遊)、3番・銀次(二)、4番・今江(一)、5番・ペゲーロ(右)、6番・ウィーラー(三)、7番・岡島(左)、8番・嶋(捕)、9番・古川(右投)

巨人=1番・陽(中)、2番・田中俊(二)、3番・坂本(遊)、4番・岡本(一)、5番・亀井(右)、6番・マギー(三)、7番・ゲレーロ(左)、8番・小林(捕)、9番・山口俊(右投)

ブログ村投票のお願い
皆さんの1票がブログ継続運営と
楽天プレーデータ集計の原動力になります

にほんブログ村 野球ブログ 東北楽天ゴールデンイーグルスへ
にほんブログ村


2018凡例

勝負の分かれ目を担った2場面


◎「観る野球から考える野球へ。選手がノートを持ってノムさんの講義を受けるみたいな感覚が常にあるメルマガです。こちらを読むようになってから、本棚に野球の関連本が増えました」(東海在住40代男性さん)

勝敗の分かれ目は、4回裏の攻防だった。

2-0と2点リードながらも2死満塁ピンチ。
この回は1死後、5番・亀井、6番・マギーに連打を許していた。

7番・ゲレーロの痛烈打球はセカンド銀次の正面をつく二直。
僥倖に救われ2死2,1塁になったが、8番・小林への3球目が大きくはずれて2-1になったところで梨田監督が申告敬遠を指示した。
2死満塁と塁を埋めても、後続の投手・山口との勝負を選択したのだ。

はたして結果は、ひっぱりの痛烈打球は左前行きの適時打コース。
あわや・・・という窮地を救ったのは三塁手ウィーラーだった。
果敢なダイビングキャッチで球をもぎ取っての三ゴ。

もし抜けていたら1点返されてなおも2死満塁、打席にはこの日、中越二、四球の1番・陽という場面になっていたから、古川を盛り立てるビッグプレーになった。

5回2死1塁、4番・岡本の左越えフェンス直撃弾が柵越えしなかったとか、他にも勝敗の分かれ目はあるかもしれないが、もう1つ僕が注目したシーンがある。

それは、、、

◎日々の情報源に加えたいあなたの「鷲好き度」をグッと後押しする楽天応援マガジン!


…続きは、メルマガ&note読者のあなたに読んでほしい!
今年も“東北”に恋したい!2018年、あなたの野球観、変わります。
新規読者さん、ただいま大募集中!


▼noteはこちらからどうぞ! とにかくスマホで閲覧できて、見やすい仕様が良い!という方にオススメ!

まぐまぐ《スポーツ・アウトドア》有料ランキングTOP10入り!

反響続出! 読者さんのリアルな感想!

2017年はnote、直接販売を含めて60名近くの読者さんと4年ぶりAクラスを見守りました。その読者さんからいただいた生の感想を、一部ご紹介したいます。

観る野球から考える野球へ。選手がノートを持ってノムさんの講義を受けるみたいな感覚が常にあるメルマガです。データを駆使して結論をみちびくスタイルは他にもありますが、より具体的で分かりやすい。こちらを読むようになってから、本棚に野球本が増えました」
(東海在住40代男性さん)

勝ってもおごらず、負けてもくじけず!と思えることが、購読の利点です。試合評を拝読すると、ひとつひとつのプレーに込められた“意図”を感じることができます。また、2軍戦や育成試合のデータは、若鷲好きの私をワクワクさせてくださいます」
(東北在住40代女性さん)

スポーツ新聞には少ない、データに基づいたゲーム評が読めて、プロ野球全体に目を配りながらイーグルス視点で分析しているので、ファンとして存分に楽しめます」
(中国在住30代男性さん)

膨大なデータから一筋の解を見つけ出す『ストーリー作成能力』や、真のバント成功率などの実態をより反映した『指標作成能力』は、本業の学会発表や論文執筆の際に大変参考にさせて頂いております」
(関東在住20代男性さん)

当てはまる方、ぜひお試しあれ!

  • 野球の奥深さ、楽しみ方を広げたいキミに
  • 楽天選手の新たな特徴を新発見したいあなた
  • 「ファン目線の喜怒哀楽」を体感したい鷲ファン

さあ、あなたも、読者登録をしよう!

迷えるあなたに朗報! まぐまぐの初月無料サービスは、新規読者登録した当該月のコンテンツを全て無料試読いただけます。

まぐまぐからのご登録はコチラをクリック。

なお、メルマガは銀行振込でも対応しております。まずはメ-ルアドレスなどご連絡先を明記の上、本稿のコメント欄にて鍵付きメッセージでお問合せ下さい。

さらなる詳しい御案内はコチラ

以上、一連の詳しい御案内はコチラに書きました。


ブログパーツ
レンタルCGI



Source: shibakawaの楽天イーグルス応援ブログ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。